『オリエント急行殺人事件』

 

 

オリエント急行殺人事件

 

出演:ケネス・ブラナー ジョニー・デップ ミシェル・ファイファー ジュディ・デンチ

監督:ケネス・ブラナー

脚本:マイケル・グリーン

撮影:ハリス・ザンバーラウコス

製作国:アメリカ

公開:2017年

[予告篇はこちら

 

 

 

名高い推理小説の映画化だ。

長距離夜行列車が雪崩のせいで立ち往生したその夜、殺人事件がおこる。

犯人は、乗員乗客のうちにしかありえない。

 

 

 

 

監督のケネス・ブラナーが、探偵エルキュール・ポワロに扮する。

ベルギー訛りの特訓をうけたとかで、堂々たる芝居だ。

 

 

 

 

撮影はハリス・ザンバーラウコス。

『スルース』以降のブラナー監督作4つに参加している。

65mmフィルムで撮った映像は艶があり、「密室劇」を盛り上げる。

 

 

 

 

僕は1974年の映画の方は未見だ。

予告篇を見るかぎり、似通った印象をうける。

舞台が限定的なので、大きくいじり様がないのでは。

 

ブラナー監督作は『マイティ・ソー』と『エージェント:ライアン』を見ている。

正直、よくわからない人物だ。

シェイクスピア俳優としての輝かしいキャリアがある一方で、

最近では映画監督としてハリウッドで商業的成功をおさめている。

この記事を書く前に、若書きの自伝『私のはじまり』(白水社)を読んでみたが、

イギリス劇壇に無知すぎて理解がおよばなかった。

 

たぶん27歳で劇団をたちあげて苦労したので、監督業に適応できるのだろう。

 

 

 

 

ジュディ・デンチは、劇団の旗揚げ時に演出家として関わった戦友だ。

(ブラナーは『マイティ・ソー』でもアンソニー・ホプキンスを引っぱりこんでいる)

本作の大テーマとして、「人間の本性は善か悪か」とゆうものがある。

尻の青い若者ではなかなか表現しきれない領域であり、

ブラナー監督はアンサンブルを指揮して、その高みへ到達している。



関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03