マシュー・ガスタイガー『NAS イルマティック』

(画像は映画『Nas/タイム・イズ・イルマティック』から)

 

 

NAS イルマティック

 

著者:マシュー・ガスタイガー

訳者:押野素子

監修者:高橋芳朗

発行:スモール出版 2017年

 

 

 

1994年にリリースされたNasのアルバム『Illmatic』を、仔細に解説する本だ。

結論から言うと、さほどおもしろくない。

論じる対象があまりに傑作すぎ、麓から高峰を見上げて終わった様な読後感。

ドキュメンタリー映画『Nas/タイム・イズ・イルマティック』の方が、

映像の力がある分だけ胸に迫るものがある。

 

でもそれは逆に言うと、23年が経過しても語り尽くせないアルバムってこと。

 

 

 

 

ドクター・ドレーの『クロニック』が1992年。

ヒップホップ史的には、西に押されっぱなしの東海岸勢が結集し、

弱冠20歳のNasを刺客として送りこんだ……と言われる。

しかし実際はNasが、アルバム制作を完全にコントロールしていたらしい。

 

すでに大御所だったピート・ロック以外全員のプロデューサーを、

クイーンズブリッジへ呼びつけて綿密に打ち合わせをした。

また、ヒップホップアルバムは曲数を水増ししたがるのに、「10曲」にこだわった。

1曲めが短かくてイントロ風なので、「9曲入りのEP」扱いされすらした。

 

 

 

 

まだ自作を発表してない20歳の男が、大物プロデューサーたちを仕切れたのは、

ジャズミュージシャンである父のオル・ダラの影響が大きい様だ。

Nasは幼いころトランペットを吹いていたが、父によるとその腕前は「神童」だった。

音楽に関する審美眼に自信があったはず。

 

 

 

 

全部で3曲に参加したDJプレミアは、頑固なNasに手こずったが、

9曲めの「Represent」だけは反対をおしきり、自分好みのビートをいれた。

1924年の映画のテーマソングをサンプリングした、無機質で硬質なビートが、

ジャズ的な哀愁やふくよかさに親近感をもつNasに敬遠されたのだろう。

 

結果として「Represent」は、プレミアのキャリアでも秀逸なトラックとなった。

プレミアは、ほかのプロデューサーによるアルバム収録曲を聞き、

その出来栄えにおどろき、自身も一切妥協しないと決意した。

ネイティヴタン風のいかにも東海岸らしいサウンドを乗り越え、

『Illmatic』を普遍的で不朽の藝術作品の域へ到達させるのに貢献した。

 

 

 

 

2001年にジェイ・Zが、Nasを罵倒する曲「The Takeover」を発表する。

それ自体はヒップホップ業界では日常茶飯事であり、どうでもいいが、

問題はディスソングのなかですら、『Illmatic』を10年にひとつの傑作と認めてること。

あまりに高みへ登りすぎ、タブーのないMC同士でもアンタッチャブルな聖典となった。

 

2ndアルバム以降、Nasは「セルアウトした」と批判された。

『Illmatic』が大して売れなかったので、同情すべき面がある。

それより重要なのは、90年代に社会の荒廃が劇的に改善したこと。

ヒップホップの躍進期に、賢いMCは黒人男性に対するステレオタイプを利用し、

暴力的なイメージをふりまいて音楽市場を制覇した。

しかし一夜にして、窮極のリアリティは、時代錯誤のファンタジーとなった。

 

事情は複雑にいりくんでいる。

まるでNasの多音節語のライミングみたいに。





関連記事

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03