室井まさね『煉獄女子』

 

 

煉獄女子

 

作者:室井まさね

掲載サイト:『コミックガンマ』(竹書房)

単行本:バンブーコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

すこし百合風味のサスペンスである。

高校入学初日、内気な「浦辺詩音」は期せずして、

ミステリアスな長い髪の美少女と親しくなる。

 

 

 

 

詩音は中高一貫の私立校で、中学時代からイジメにあっていた。

本当はほかの高校へ通いたかったが、親の反対にあい、しかたなく入学。

小便漏らしたとかどうとか、初日から容赦なく攻撃される。

 

 

 

 

だから、外部入学であるため中学時代の詩音を知らず、大人びた雰囲気で、

まわりに流されない「瀬尾霧恵」と仲良くなれたのは、詩音にとって幸運だった。

 

ところが、下校中にちょっとしたトラブルが。

 

 

 

 

内臓も露わなネコの轢死体が、道端にあった。

霧恵は動じる素振りもみせず、靴底の血を地面でぬぐう。

靴が汚れたことしか気にしていない。

 

登場人物の異常さをつたえるエピソードとして秀逸で、

僕はこのシーンをためし読みして購入をきめた。

 

 

 

 

本作はサイコスリラー色が濃い。

どうやら霧恵は連続殺人者であるらしく、詩音をイジメたものたちが犠牲になる。

 

 

 

 

一般に、学園を舞台とするスリラーは荒唐無稽になりがちで、

そうゆう先入観をうちやぶるほどのポテンシャルは、本作に感じない。

 

しかし、ただ怯えるだけだった詩音が翌日にネコの供養をするなど、

女子キャラの対比があざやかで、たとえば『ハッピーシュガーライフ』の様な、

百合サスペンスを愛好するひとびとに推奨できる作品だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03