中山敦支『うらたろう』完結

 

 

うらたろう

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

あっけなく完結である。

中山敦支はSNSでピーチクパーチクおしゃべりするタイプではないが、

それでも本作について沈黙しているのは異様だ。

 

 

 

 

尻切れトンボ的な連載終了で、本作の缺点が浮き彫りに。

ひとことで言うと「自己模倣」。

たとえば、あまりに唐突で理不尽な暴力。

 

 

 

 

そしてカウンターとして炸裂する、主人公側のプランB。

これらを見開きで、象徴的に表現する。

本作においても、絵そのものはみごとだ。

だれも中山にかなわない。

 

でも、既視感がある。

 

なお本項の以下の段落は、軽いネタバレとグロテスクな描写をふくむので注意。

 

 

 

 

黄泉の国から帰還したちよは、まるでイザナミの様な変わり果てた姿に。

ここでも中山は、ヴィジュアル面でアクセルペダルを床まで踏みこむ。

 

 

 

 

じわじわひたひた、なおかつ性急に、せまりくる圧倒的な「死」。

それをやさしく受け止める主人公。

『ねじまきカギュー』とくらべ外面的に上達しているが、精神的な成長は感じない。

 

長い時間をかけ弓をひきしぼったが、肝心の矢が折れていたとゆう印象。

中山敦支は、自身の代表作との戦いに敗れた。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03