尾崎かおり『金のひつじ』

 

 

金のひつじ

 

作者:尾崎かおり

掲載誌:『月刊アフタヌーン』(講談社)2017年-

[当ブログの関連記事はこちら

 

 

 

河川敷に捨てられた車のなかで練炭自殺しようとした少年を、

ボンネットに乗った明るい髪の少女が、ギターでフロントガラスを割って助ける。

 

 

 

 

少女は涙ぐんでおり、はげしく複雑な感情が内面で渦巻いてるのが解る。

 

寡作で知られる尾崎かおりの新連載が、『アフタヌーン』11月号からはじまった。

繊細かつ洗練された、あいかわらず魅力的な絵だ。

 

 

 

 

自殺未遂とゆう、のっぴきならない状況を説明したあとで、

すこし時間を遡ったところから物語がはじまる。

 

高校生の「三井倉継(みいくら つぐ)」は、小学校まで住んでいた街へもどってきた。

家族は母と姉に、妹がふたり。

父の死が、引っ越しのきっかけらしい。

 

 

 

 

本作は、男ふたり女ふたりの幼なじみの関係を中心にえがく青春もの。

仲良しだった4人は、多感な時期である6年間を経て変わってしまった。

キリキリと胸を締めつける、センシティヴな作風は尾崎かおりならでは。

 

 

 

 

第1話の38ページに、練りこんで磨きあげた物語の実質がつまっている。

上から目線で恐縮だが、本作を読まずに漫画は語れないとさえ言いたい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 尾崎かおり 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03