中山敦支『うらたろう』5巻

 

 

うらたろう

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

ヒロインであるちよの死から一年を経て、第二幕「回生篇」がはじまる。

うらたろうは、ちよの生首を鞄にいれて旅をする。

爆散した肉体をすべて拾い集めて復活させるために。

 

7つに別れたちよを探す旅に出るとかいう

ドラ○ンボールとキ○肉マンをくっつけたような展開に

色んな意味で驚かされます

ちよはバッファローマンにバラバラにされたミートくんだった・・・?

 

アマゾンレビュー

 

あまりに純粋に週刊少年ジャンプ的すぎて、

かえってジャンプに受け容れられなかった中山ならではか。

 

 

 

 

恋人の死を経験した、うらたろうの性格は反転。

他者をいつくしみ、生命を大切なものとみなす様に。

中山作品の主人公らしくなった。

 

でも、僕は信者にちかいファンだからあえて言うけれど、

これまでの4巻はなんだったんだろうとおもう。

うらたろうは「共感しづらいキャラ」として登場したので、

読者との距離がちぢまらないまま話はすすむ。

 

 

 

 

第二幕に花を添えるのが「もがり」。

色仕掛けの直後に悪態をつく慌ただしさがおかしい。

 

 

 

 

遺体を奪い合うライバルが「平六代(たいらのろくだい)」。

ちよの兄である。

 

 

 

 

六代は人形としてちよを愛玩するのが目的。

ネクロフィリアとインセストの混淆は、玄妙なあじわいだ。

 

 

 

 

乳母の死体を愛した、幼少期のエピソードもかたられる。

「母性への屈折した感情」とゆう、作者にとり重要なテーマがうつくしく再浮上。

 

 

 

 

以上の引用画像はすべて見開き2ページ。

ストーリーは迷走ぎみで、修正不可能なレベルにおもえるが、

作者のイラストレーター的技量をたしかめられる点では、読む価値がある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03