オレならこう撮る ― 『スラムドッグ$ミリオネア』

 

スラムドッグ$ミリオネア

Slumdog Millionaire

 

出演:デーヴ・パテール フリーダ・ピントー アニル・カプール

監督:ダニー・ボイル

制作:イギリス 二〇〇八年

[ユナイテッドシネマとしまえんで鑑賞]

 

 

 

まず、邦題の「$」が気にいらない。

アメリカの通貨記号ではないか。

米国人がでてくるのは一瞬で、しかも通りすがりの観光客。

インド・ルピーをあらわす、「Rs」にかえるべき。

もしくは、本作はおもにイギリス資本でつくられ、

監督と脚本家もイギリス人だから、「£」でもよい。

『スラムドッグ£ミリオネア』。

あれ、なんかしつくりこない。

ところでみなさん、みのもんたが司会をつとめる例の番組、

構成をあみだし、ライセンスを世界中にうつているのが、

イギリスのセラドール社(本作の制作も担当)だと、知つてました?

ボクはてつきり、アメリカうまれの番組なのかと。

それでも、『クイズ$ミリオネア』。

「$」という記号は、金銭的欲望の象徴つてことか。

まあ、総製作費1500万ドルのうち500万ドルを、

ワーナー・インディペンデント(完成間近に閉鎖)が負担しただけなのに、

本作を勝手に「アメリカ映画」とみなし、オスカー像を大盤ぶるまい。

そんなアカデミー会員の図々しさをおもえば、

意外と似合いの命名かもしれない。

 

 

 

オレはカレーは大好きだけど、それ以外のインドには無関心。

インド経済、インド文化、インド哲学。

よくわからない。

珠のように愛くるしい、女の子の笑顔をながめるのは楽しいけれど。

実際にムンバイのスラムにすむ子どもたちを起用して、

「インドの現実」をうつしだす、というのが本作の売り。

でも、なんかウソくさい。

英語をはなせるインド人は、中流階級以上だときくが(参考:『インド新聞』)、

この映画のスラムの子犬たちは、オレより百万倍上手にはなす。

それに、主役のジャマールの青年時代を演ずるデーヴ・パテールは、

ロンドンうまれのイギリス人。

濃い顔のマッチョがもてはやされるインドでは、

線のほそいインテリ青年をみつけられなかつた。

女主人公に扮するのは、ファッションモデルのフリーダ・ピントー。

無駄にゴージャスな、典型的インド女優とは毛色がちがう。

ダニー・ボイル監督がつくつたこのカレーは、

西洋人の口にあうよう、香辛料をかなり減らしている。

わりと辛いもの好きのオレには、ものたりない。

 

 

 

それでは三文ブロガー・ケンが、この映画をつくりなおします。

まずは舞台を、ウクライナに変更。

いや、ウィキペディアのクイズ番組のページをよんでいたら、

ウクライナ版のルールについての記述をみつけまして。

 

ウクライナ版

 

「オーディエンス」ライフラインが存在しない。

その理由は、観客たちがうその解答を教えて

解答者を騙すためである。

 

ウィキペディア 『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』

 

解答者を妨害するウクライナ人!

「美人がおほい」くらいしか、この国のことを知らなかつたが、

しらべてみると、ムンバイのスラムが楽園におもえた。

キエフ在住の「cossack_ua」さんのブログから、引用させていただく。

 

私の前の彼女(日本在住ウクライナ人)は、

日本にいながらを食べなかった。

理由は初めて食べたときに

お腹痛くなったかららしい・・・

日本人なら一度おなかが痛くなっても、

もう一度トライしただろう!

今から思えばこのモト彼女も

典型的なウクライナ人の性格だ!


『キエフに住んでる生きてるウクライナのブログです!』

 

これなぞ序の口か。

たとえば、かの国で手術をうけるときは、メスからなにから、

手術道具を患者が全部そろえる義務がある。

滅多に病気にもなれない。

家をたてるときは、ノコギリや釘を大工のために用意するのが常識。

あつというまに、大工にぬすまれるが。

参考:『縁の花』第221号「ウクライナ国との縁結び」

あいた口がふさがらないが、ネタとしてはおいしい。

現地の美女を大量出演させつつ、

意地悪な観客に解答者がいじめられる、ドタバタ喜劇にしあげる。

ウクライナ風味の、『スラムのミリオネア』(邦題)。

お気にめしますでせうか?


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03