前原タケル『おはようサバイブ』

 

 

おはようサバイブ

 

作者:前原タケル

掲載誌:『週刊少年マガジン』(講談社)2017年-

単行本:講談社コミックス マガジン

[ためし読みはこちら

 

 

 

山手線車輌の上に洗濯物を干す。

この若者たちは、文明崩壊後の世界で生きている。

新病のパンデミックにより人々は斃れた。

 

 

 

 

16歳の「ナユタ」と「ユメ」の視点で物語はすすむ。

冒頭の引用画像に商業ビルのBIG BOXが描かれているとおり、

ふたりのサバイバル生活は高田馬場ではじまる。

 

 

 

 

女の子のかわいさを前面に出しているが、マガジン連載らしく、

どちらかと言えばストーリードリブンな作品だ。

ユメの食欲を満たすためプリンをつくるのが、当面の目標。

 

 

 

 

半壊した東京駅。

周辺に市場がひらかれ、物々交換経済が成立している。

ロケハンにもとづく風景描写がみどころ。

 

 

 

 

「かなぴー」とゆう年上の女がメンターの役割をはたす。

電波系でエッチが大好きなキャラだ。

たとえるなら夢眠ねむみたいな、アートスクール出身っぽい雰囲気。

 

 

 

 

食うか食われるかの弱肉強食の世界なのに、いやだからこそ、

若者の頭のなかは煩悩ばかりで、暇をみつけてセックスにはげむ。

それが本作のテーマだ。

 

 

 

 

それぞれ異なる意図をもった組織同士の争いなど、

ポスト・アポカリプスSF的なお楽しみについても紹介すべきだったが、

12歳で東北辯の「ツキミ」とか、やはりキャラ造形に惹かれる。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03