文尾文『私は君を泣かせたい』

 

 

私は君を泣かせたい

 

作者:文尾文

掲載誌:『ヤングアニマル』(白泉社)2016年-

単行本:ヤングアニマルコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

主人公の「相沢羊(よう)」は高校2年生。

学業や人間関係において優等生とみなされてるが、

実は猫をかぶっていて、たとえば放課後に遊びに誘われても、

家の用事があると嘘をつき、ひとりで映画館へ行ったりする。

 

ただし、断るのは2回まで。

疑われない様に3回めは誘いにのる。

 

 

 

 

観客は自分だけで貸し切りだとよろこんでたら、

おなじクラスの「虎島ハナ」が入ってきて動揺する。

セーラー服にスカジャンを羽織り、ロングスカートのヤンキーで、

映画なんてまるで興味なさそうに見えるのに。

 

 

 

 

羊はハナと会話したことがない。

そもそもハナはほとんど学校に来ない。

なので気づかなかったフリをして映画を鑑賞する。

駄作だったが、ハナはなぜか号泣。

 

そしてハナは、羊が部長をつとめる映画研究部に入る。

本作は、正反対なふたりの不器用な関係をえがく百合漫画だ。

 

 

 

 

ヤンキー系の女子が出てくる百合漫画としては、

サブロウタ『citrus』やくみちょう『愛羅武勇より愛してる』などがある。

それらとくらべても、龍のあしらわれたスカジャンなど、

本作のキャラ造形は秀逸。

 

 

 

 

人当たりのよい美少女だが、内面に壁をつくってる主人公とゆう点では、

仲谷鳰『やがて君になる』を髣髴させる。

タイトルも似てるし、影響をうけてないとおもえない。

 

 

 

 

本作ならではのギミックは「映画」だが、

具体的な作品名などは言及されず、最大限に活かされてはいない。

それでも、ふたりがケンカする12・13話のオチなど気が利いてるし、

全体的にセーラー服がキレイにえがかれ、充実した百合漫画だ。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03