中山敦支『うらたろう』4巻

 

 

うらたろう

 

作者:中山敦支

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

[ためし読み/当ブログの関連記事]

 

 

 

フィンセント・ファン・ゴッホ『星月夜』へのオマージュである。

『ねじまきカギュー』第16巻でパブロ・ピカソのキュビズム手法を借りるなど、

もともと中山敦支はモダニズム絵画への執着を隠してない。

 

石にまじって人骨がころがってたり、ちよの側に立つ樹木が枯れてたり、

古典への言及をストーリーや世界観と融合させたのは、作家としての成長だ。

 

 

 

 

僕の知るかぎり、中山がはじめて描いた男女のキスシーン。

カギュー16巻のそれは、施療の意図があったのでノーカウントとする。

 

 

 

 

その後の急転直下は、またしても『トラウマイスタ』4巻的。

「人間はどこまで非情になりうるか」とゆうテーマは、

『カギュー』の理事長父娘の関係性をなぞっている。

 

ただ前作とくらべると、主人公側の動機がやや弱いので、

「熱情vs.非情」の構図が不鮮明に感じられる。

 

 

 

 

黄泉比良坂の霊力の影響で、主人公は不死の能力をうしなう。

そしてヒロインを復活させることを誓い、第1幕がおわる。

 

 

 

 

『うらたろう』は作者のファンでさえ、よくわからない漫画だ。

「生死の不可逆性」とゆう、デビュー以来のテーマを捨てたと解釈できる。

おいおい、ナカヤマ先生どうしちゃったのって感じ。

スジャータは決してもどらないから、衿沙の心の傷は決して癒えないから、

主人公たちは重苦しい現実と格闘せざるをえなかったのでは。

そこをあっさり否定しちゃうわけ?

 

とはいえ、メビウスの輪みたいな死生観をあらわすイメージは、

カギューの「ねじまき」との共通因数を確認できるし、

とりあえず第2幕の進行を見守るしかないだろう。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 中山敦支 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03