山内溥の娘、荒川陽子

任天堂の創業一族である山内家の男にとって、女遊びは当然の趣味だった。

婿養子だった山内溥の父など、女と駆け落ちして消えたくらいだ。

 

1970年に山内は、長女である陽子の二十歳の誕生日を祝うため、

ドレスアップした彼女を祇園へつれてゆく。

父の馴染みらしい白塗りの芸者が座敷に五人もあらわれ、陽子は仰天する。

 

夜が更け、陽子だけタクシーで家まで送られる。

父はその日帰宅しなかった。

めづらしく親らしいことをしたつもりかもしれないが、

結果として山内は、若い娘に一生忘れられない屈辱をあたえた。

 

陽子は、丸紅の社員だった荒川實と結婚する。

MIT卒で洗練され、ユーモアの感覚もあり、父と正反対なところが気に入った。

ふたりはカナダのバンクーバーで充実した生活をおくる。

 

問題が発生した。

人材好きの山内が、實をスカウトしたのだ。

任天堂のアメリカ法人をつくるから、その社長にならへんかと。

ビジネスパーソンにとって拒否できないオファーだ。

 

陽子は恐怖する。

彼女がこの世でもっとも距離をおきたいもの、それが任天堂だった。

経営のストレスで父の精神を痛めつけ、家族を不幸にした元兇とおもっていた。

しかし山内は、實をあっさり口説き落とす。

 

陽子の不安は的中する。

1980年にニューヨークに設立したNintendo of Americaは、いきなり倒産しかける。

「お前の亭主は無能や」と山内が電話でわめく。

實は義父の理不尽さや傲慢さを、妻にむかいなじる。

だから言わんこっちゃないとゆう話だが、陽子はひたすら耐える。

板挟みの状況で、ほかになにができよう。

京都にいる母に相談するが、「辛抱しなさい」としか言われない。

高額な通話料をムダにした。

 

1981年、まったく無名の開発者・宮本茂による『ドンキーコング』が大ヒット。

その後の任天堂のグローバルな成功において、

荒川陽子の「内助の功」は無視できないだろう。





関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

タグ: 任天堂 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03