マウンテンプクイチ『球詠』2巻

 

 

球詠

 

作者:マウンテンプクイチ

掲載誌:『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

女子が本格的な(つまり男子の)高校野球をしている以外、

あらゆる面でリアリズムを追究する野球漫画の新刊である。

 

 

 

 

とにかく『球詠』は情報量がおおい。

マネージャーで野球オタクの芳乃は、アプリで成績を管理しつつ、

圧倒的な知識量でチームを訓練し、編成し、指揮する。

 

 

 

 

百合的にも野球的にも「女房役」である珠姫は、

緻密かつ大胆なリードや守備でチームをひっぱる。

 

 

 

 

第1巻からつづく、練習試合の柳大戦も終盤へ突入。

打席に立つのは交代が確定したピッチャーで、打つ気がまるで感じられない。

つねに合理的に配球を組み立てる珠姫は、

バッターの内面の虚脱感まで見抜けず、困惑する。

 

 

 

 

相手は打つ気がないのでなく、ただ単にボーッとしていた。

ふと我にかえりバットを振ったら、出会い頭でホームラン。

これが決勝点となる。

 

高度な戦術と、あっさりそれをくつがえす偶然性。

球技の醍醐味がつまっている。

 

 

 

 

第10話は、上級生コンビの怜と理沙にスポットライトをあてる。

学校制服姿も絵になる。

 

 

 

 

中学時代からはぐくんできた、ふたりの絆。

合宿の夜に語らいながら、過去と現在と未来を共有する。

 

髪型や顔つきで、年格好のちがいを表現。

第2巻は、主人公がストーリーを牽引しておらず(なんか幸せそう)、

スポーツ漫画にありがちな群像劇の散漫さに陥っているが、

それでも描き分けの巧みさで、本作を傑出した水準にたもっている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03