tMnR『たとえとどかぬ糸だとしても』

 

 

たとえとどかぬ糸だとしても

 

作者:tMnR

掲載誌:『コミック百合姫』(一迅社)2017年-

単行本:百合姫コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

女子高生「鳴瀬ウタ」を主人公とするストーリーは、兄の結婚式からはじまる。

新婦の「薫瑠(かおる)」は、ウタの幼なじみでもある近所のお姉さん。

その幸せそうな表情を最前列で見て、ウタはあることに気づいた。

自分が彼女に恋していて、はげしく嫉妬していると。

 

 

 

 

ウタはマンションで、新婚夫婦と三人暮らしをする。

日に日にふくらむ恋心を、義姉に悟られない様にしながら。

 

 

 

 

薫瑠は、家族関係に問題をかかえるウタのため、

母親代わりになろうと、かいがいしく世話を焼く。

 

ウタは葛藤する。

もとめているのは、そうゆう愛情じゃない。

けれども本当の気持ちを口にすれば、自分の世界は一瞬で崩壊する。

 

 

 

 

ツインテールの「クロちゃん」はウタの友人。

恋の迷宮をさまよう親友の愚痴を聞くのが日課となっており、

「感情サンドバッグ屋」を自称する。

 

 

 

 

ある日ウタは、友人を自宅に呼んだ薫瑠の会話を耳にする。

「いずれ自分の子供はほしい」と。

 

悪意のまったくない、死刑宣告。

ウタの胸のなかの時限爆弾がカウントダウンをはじめる。

もし出産が現実となれば、すべて手遅れだ。

 

 

 

 

自分の初恋が、だれより不幸せな終わりをむかえるのは仕方ない。

最初から覚悟している。

でもこんなに近くにいるのに、なにごともなく恋が消滅するなんて、かなしすぎる。

 

本作はtMnRの商業デビューであり、初単行本。

絵になる構図と、複雑かつ細やかな心理描写で、

百合の宇宙の深淵にせまっている。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  百合姫コミックス 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03