外本健生/昌子春『ピッチディーラー -蹴球賭場師-』

 

 

ピッチディーラー -蹴球賭場師-

 

作画:外本健生

原作:昌子春

掲載誌:『ヤングマガジン』(講談社)2017年-

単行本:ヤンマガKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

異色のサッカー漫画である。

主人公は、東京VERSUSに所属するゴールキーパーの「新堂龍司」。

ルーキーながら開幕戦のスタメンに抜擢された。

 

 

 

 

新堂は好セーブを見せるが、0-2で試合終了。

中心選手の滝・ハルク・佐々木とともに、暗い表情でロッカールームにのこる。

 

 

 

 

ホペイロ(用具係)が手入れしたスパイクを運んできた。

ところがシューズケースをあけると、中に数千万円分の札束が。

 

本作は、サッカー賭博にかかわる八百長をテーマとする。

漫画としては前代未聞のストーリーだが、海外ではよくニュースになる話だ。

 

 

 

 

作者は、八百長に手を染める4人を「プロフェッショナル」としてえがく。

彼らは世界各地の情報を掻き集め、完璧なシナリオを練る。

 

 

 

 

ボールを蹴るだけがサッカーじゃない。

女を取り合う選手同士の競争心を煽るなどして、試合をコントロールする。

 

荒唐無稽な設定だが、ドロドロした世界観のリアリティは、いかにもヤンマガ的。

 

 

 

 

シュートを防いだと見せかけてポストに当て、

ゴール前に走り込んできた相手選手の足許へころがす。

わざと引き分けたと観客に悟られない様にする「スーパープレー」。

 

いまだかつてないスリルを味わえるサッカー漫画だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03