理央『彼女の腕は掴めない』

 

 

彼女の腕は掴めない

 

作者:理央

掲載サイト:『ゼロサムオンライン』(一迅社)2016年-

単行本:ゼロサムコミックス

 

 

 

主人公はセーラー服の女子高生。

生まれつき両腕がない。

「四肢欠損」とゆう厄介なテーマをあつかう作品だ。

 

 

 

 

通りすがりの人々は、彼女に好奇や憐憫の眼差しをそそぐが、

異常と思われても彼女はちっとも気にしない。

だって、これが自分の正常だから。

 

主人公のドライな世界観が、冒頭の4ページで端的に提示される。

 

 

 

 

小洒落た身なりの男が定期券をひろい、紐をむすんで主人公の首にかける。

だが、この男こそ異常者だった。

話しかけるきっかけを得るため、すれ違いざまカミソリで紐を切った。

 

 

 

 

男は主人公を自宅へ誘拐し、監禁する。

自力では通報すらできない弱者に対する、あまりに卑劣なふるまい。

 

主人公は抵抗らしい抵抗をしない。

男がイケメンで態度が紳士的で、しかも金持ちらしいので、ある意味容認する。

抵抗しても無意味とはいえ、主人公が冷静すぎると僕は感じた。

 

 

 

 

誘拐犯と被害者が結束する、いわゆるストックホルム症候群が発生。

引用画像は主人公がみた夢。

ある朝目覚めたら両腕が生えていたので、

それを男に見せると興味をうしなわれ、あっさり捨てられる。

主人公は誘拐されたのに、フラれるのを恐れている。

 

こんがらがった心理や人間関係がみどころ。

 

 

 

 

主人公は本棚に古代ギリシア美術の本をみつける。

男は『ミロのヴィーナス』の様な四肢欠損に、性的興奮をおぼえるタチらしい。

それらは壊れているがゆえに、美的感覚をするどく刺激する。

 

反社会的人格は、インテリでないといけない。

たとえば『羊たちの沈黙』のレクター博士みたく、

サイコパスに衒学趣味のスパイスをかけると、不思議とマイルドな味わいに。

 

 

 

 

尖った作品ではある。

実際に四肢を欠損した女性が読めば、不愉快になるのでは。

でも日常性をおもいきり逸脱したテーマを、

サブカルのフォーマットへうまく落としこんでるのに感心する。

こんな漫画があってもいい。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03