相崎うたう『どうして私が美術科に!?』

 

 

どうして私が美術科に!?

 

作者:相崎うたう

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

本作の舞台は高校の美術

美術ではない。

主人公の「桃音」は願書の記入をまちがえ、普通科のつもりで入学した。

ちゃんとした絵なんて描けないし、描く気もないのに。

 

「きららの次世代を代表する」とのキャッチコピーが単行本帯にある。

2コマめのデフォルメを3コマめのクロースアップにつなぐ手並みなど、

萌え4コマの表現技法に習熟した、きららネイティヴ世代の作家らしい。

 

 

 

 

粘土をつかい自分の手の塑像をつくることに。

「手をつないでる構図」をモチーフにすると決め、早速スケッチ開始。

おそろしく描きづらいけど。

 

美術科・百合・ギャグの三原色のトーンをたのしむ漫画だ。

 

 

 

 

きららと言えば学校制服。

かわいいJKが、かわいい制服を着てれば、10000%かわいい。

一方で差別化がむつかしい。

本作は作業用のつなぎで美術科らしさをアピール。

 

 

 

 

みんなで美術館へ。

前衛藝術を愛する「紫苑」は、いつもはクールなのに気負いこみ、

謎めいたオブジェをみつけて評論家みたく解説するが、

それはクラスメートの「蒼」がうっかり落とした定期入れだった。

 

 

 

 

写真の課題のため、足をのばし野外撮影。

山にのぼって大好きな街の全景をおさめる。

 

本作は相崎うたうにとって初連載かつ初単行本だが、

ハッとする様なシーンをいくつか切り取るのに成功している。

 

 

 

 

美とゆう理念の周縁でたわむれる美少女たち。

そこは鑑賞者に幸福をもたらす百合色の展覧会だ。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  きらら系コミック  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03