広場の統治者 ― 『松井大輔のサッカードリブルバイブル』

 

松井大輔のサッカードリブルバイブル DVD抜き技&魅せ技スペシャル

 

監修:松井大輔

構成・文:北健一郎

発行:カンゼン 平成二十一年

 

 

 

松井大輔が四十二の技を実演する、DVDつきの本。

現役選手が、ここまで手の内をさらすのはめずらしい。

「ベーシック編」と名づけられた第一章から、

オレには到底真似できない美技が目白おしで、引き出しのおほさにおどろく。

かれの哲学の全貌も、これであきらかになつた。

さすがはクールな熱血漢、手抜きのしごとはしないのだ。

 

 

 

松井は、公園でそだつた。

いや、赤ん坊のときにそこにすてられたのではなく、

練習のない日は公園でサッカーをしたということ。

ひとりのときはリフティング、ふたりなら一対一、人数がふえればミニゲーム。

フランスでも、なやめる折は公園でボールをけるとか。

広場を愛する男は、相手にかこまれるのを苦にしない。

むしろ、好きらしい。

かれにとつて、一対二は突破の好機。

守備者の役割分担は曖昧になり、しかけられたときに譲りあうことがある。

まもる範囲の、境目をねらえばよい。

中央突破を警戒されたら、各個撃破。

上の写真の「ダブルカットイン」が、それだ。

クロスをあげるとみせかけ、左インサイドできりかえし、前方の敵をかわす。

「自分がぬかれてもカバーがいる」という意識があるから、

キックフェイントにかかりやすい。

そして、あわてて寄せる二人目との勝負は、優位にたてる。

右イン→左インで翻弄し、空隙をつく。

一対二は、不利ではない。

 

 

 

「ダブルヒールリフト」

 

サッカー漫画『シュート!』の平松和弘の必殺技にあこがれて、

小学生のころに公園で修得した。

一回浮かせるだけでもむつかしいが、

タメをつくつてからもう一度、踵でけりあげるのがコツ。

本人がいうには、「ダブル」のほうが二度目のヒールがあたりやすいので、

むしろ確実性があがるとか。

 

「おとりバックスピンループ」(矢印は評者による)

 

これは傑作。

漫画でもみたことがない。

ゴールキーパーとの一対一で、ボールをこすりあげて、

バックスピンをかけた浮き球をける。

キーパーの手前で着地したボールは、松井の足もとへ逆走!

 

 

そのまま、とびだしたキーパーのはるか頭上をゆくシュート。

中学生のとき、実際に練習試合できめたんだと。

やられた相手は、生涯きえないトラウマを背負つたのでは。

 

 

 

「パラレラパス」

 

地味だが、松井らしさが感じられる技。

右側のせまい空間でボールをうけようとする松井のもとに、

サイドバックがかけつける。

左足でボールを保持するようにみせかけて、足裏でひきこみ、

右アウトサイドですくいあげて、前方にながす。

 

 

宙にうかせれば、敵にとめられない。

また、体を前にひらく一秒をおしみ、

数の優位ができる瞬間を、最大限にいかす狙いがある。

その場から一歩もうごかずとも、三次元の空間と時間をあやつりながら、

フラミンゴのように優雅に、広大なあそび場を支配する。

それが、松井大輔だ。





【関連記事】

「本田圭佑のサンドウェッジ」



松井大輔のサッカー ドリブルバイブル DVD抜き技&魅せ技スペシャル松井大輔のサッカー ドリブルバイブル DVD抜き技&魅せ技スペシャル
(2009/03/18)
松井大輔

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03