江島絵理『柚子森さん』2巻

 

 

柚子森さん

 

作者:江島絵理

掲載サイト:『やわらかスピリッツ』(小学館)2016年-

単行本:ビッグスピリッツコミックス

[当ブログの関連記事はこちら

 

 

 

小4の少女に本気で恋した女子高生をえがく百合漫画の第2巻は、

主人公の親友「栞」をからませて緊張感のあるはじまり。

 

 

 

 

みみかは敬語をつかうなど、7つ年下の柚子森さんに卑屈な態度をとる。

その美貌と、子供らしいプライドに対し、崇拝的な感情をいだく。

しかし栞の登場により、無愛想だった柚子森さんの言動が変化。

 

 

 

 

柚子森さんが露骨に嫉妬しはじめる。

みみかが他の女と仲よくする様子をみて気分を害し、

感情表現がとぼしいなりに、前から好意をもっていたのが判明。

 

 

 

 

1巻についての当ブログの記事から引用。

 

パンキッシュな疾走感と、

クールな構成力が共存する傑作『オルギア』とくらべたら、

ゆるゆるふわふわな『柚子森さん』は、江島にしては小品と言える。

さらっと一筆書きで描いた様な。

勿論、読者にそうおもわせる伎倆がすさまじいのだが。

 

我ながらイイ線いってるとおもった。

 

 

 

 

江島絵理は「闘争」をえがく作家だ。

その作品世界で少女らはクールに駆け引きしつつ、衝動的にヒートアップする。

 

 

 

 

間合いを測り、防禦し、回避し、相手の隙をみつけ、致命的な一撃をくわえる。

愛のために、身の破滅をおそれず闘う。

 

 

 

 

暗闇と血飛沫で黒々と塗りたくられた『少女決戦オルギア』とうってかわり、

『柚子森さん』の絵面はキラキラと華やか。

一方、たとえば下から4枚めの告白シーンにおいて顕著だが、

背景での写真の使い方や、ほかには各話のつなぎ方など、

あちこちで視覚的な工夫が凝らされてて感心しきり。

江島はもはや、現在の代表的作家に数えられるべきだろう。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03