あずま京太郎/日向寺明徳『サクラブリゲイド』7巻完結

 

 

サクラブリゲイド

 

作画:あずま京太郎

原作:日向寺明徳

発行:講談社 2014-17年

レーベル:シリウスKC

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

人型ロボットでの戦争をえがくSFと、学園ラブコメを融合させた傑作は7巻で完結。

超国家的な軍事組織「アルカディア」がたくらむ陰謀は最終段階へすすみ、

基地がまるごと巨大な機動兵器に変形して、ICBMで日本を核攻撃しようとする。

 

 

 

 

そんな手に汗握る展開でも、あずま京太郎は読者へのサービスをわすれない。

スパイとしてブリキの旅団に潜入していた「井手大尉」のおっぱいとか。

 

 

 

 

決戦の夜。

いま言わないと、悪いことがおきたとき後悔するとおもい、梓が桜に告白する。

古風な美人に似つかわしい口ぶりで。

2巻で張った伏線の回収でもある。

 

 

 

 

敵の新型「アルファ・オメガ」は、装甲も火力も桁外れ。

この強敵を斃さないと、核ミサイルはとめられない。

 

 

 

 

ところがライバルの積極性に煽られ、恋愛どころじゃないのに雛まで愛をさけぶ。

仲間に聞かれるのもかまわず、無線を通じ大声で。

元気で無邪気な雛らしい。

 

 

 

 

硬派なロボットSFと、軟派なハーレムラブコメの微妙なバランスを、

最後までたもちつづけたのは見事だ。

ロボットものに関心ない僕でさえ胸に迫るものがある。

 

 

 

 

本作はあとがきの類いがなく、このコンビが今後つづくのかわからないが、

特に作画のあずま京太郎は、ロボットの硬さと女の子の柔らかさを、

すみずみまで丁寧に描写して独自の世界観を提示しており、次回作もたのしみ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 近未来 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03