板倉梓『間くんは選べない』

 

 

間くんは選べない

 

作者:板倉梓

掲載誌:『月刊アクション』(双葉社)2016年-

単行本:アクションコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

主人公の「間くん」は、印刷会社につとめる26歳のサラリーマン。

これまで恋人はいたことがない。

要するに童貞。

そんな感じのラブコメだ。

 

 

 

 

仕事でつきあいのある「里見さん」にダメもとで告白したらOKされる。

ついに「彼女いない歴=年齢」卒業。

初デートは代官山。

そんなに気合いのはいった服装じゃないけれど、

おろしたてのワンピースを着て来てくれたのがうれしい。

 

 

 

 

出版関係者らしく本屋に立ち寄ったふたりは、

北欧ミステリーの話題などで打ち解けてゆく。

 

全体的に趣味がよく、細部の描写にこだわりがあり、

なにげないシーンでも読者に奥行きを感じさせる。

こんなカップルいるかもと思わせる。

あいかわらず超安定の板倉印だ。

 

 

 

 

実は間くんは二股をかけていた。

LINEで里見さんに告白したあと、その返事を待っている時期に、

電車で酔っぱらいに絡まれるところを助けたのがきっかけで、

女子高生の「鏡香」と仲良くなっていた。

 

作者の必殺技、吊り目ショートカット女子。

こんなJKそうそういねえよと思うが、わかってても抵抗不能。

 

 

 

 

鏡花は無表情だが、まじめで一途。

かすかな顔つきの変化に気持ちがあらわれるタイプ。

つまりかわいくて、いいコ。

里見さんにフラれると思いこんでいた間くんは、慕ってくる鏡香を遠ざけられない。

 

鏡香はボーイッシュなコーデ。

背伸びしてないのが高校生らしく好印象だが、

人生初のデートのため慎重に服を選んだらしいのもつたわる。

 

 

 

 

間くんは、誠実か優柔不断か残酷かよくわからない性格で、

品定めするかの様に、鏡香を里見さんのときとおなじ書店へつれてゆく。

美大をめざしている鏡香は、高価なテキスタイルの本を手にとる。

 

女子の描き分けの巧さは、この作者ならでは。

読者は若くピュアな鏡香に感情移入しながらストーリーを追う。

 

 

 

 

端正かつ可憐な絵柄が最大の強みである一方で、

人間の営みについて回る「セックスや暴力」から目をそむけないのが、作者の特色。

お茶を濁さない。

いくらでもごまかしが利きそうな画力の持ち主なのに。

 

男の仕打ちがひどすぎたり、ゆるふわラブコメに見せかけてエロかったり、

居心地わるさを感じるときもあるけれど、そもそもそれが作風でもあって、

板倉梓の集大成になりそうな予感がしなくもない第1巻だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03