久遠まこと『不登校の日常』

 

 

不登校の日常

 

作者:久遠まこと

掲載サイト:『ComicWalker』(KADOKAWA)2016年-

単行本:MFC

 

 

 

不登校、それは禁断の快楽。

一度はじめたら、もうやめられない。

高校2年の「早乙女雨音」は、学校へ行かなくなって2週間め。

 

 

 

 

父は仕事で不在がち、母は離婚して家を出たので、

実質的に双子の姉である「音晴(おとは)」が母親がわり。

しかし同い年の妹を面倒みなきゃならない理不尽さに、音晴はブチ切れる。

 

 

 

 

生きる価値すら否定された雨音も、負けじとキレる。

でも殴り合うのは怖いので、物に当たる。

 

不登校経験があると言う作者による「不登校あるある」がおかしい。

 

 

 

 

本作はわたモテなどと共通の、かわいくない主人公がかわいく感じられる、

ある種の「アンチヒロインもの」だが、双子の姉の存在がきいてるのが特色。

ダメ人間が主人公でも、辛辣すぎる正論で叱られるため、読者は共感できる。

たしかにそれはそうだけど、なにもそこまで言わんでもと。

 

 

 

 

一方、音晴がイラつく事情もわかる。

自宅にいれば家事に追われ、学校では妹の不登校をごまかし、

若い身空で子持ちの女みたいな苦労を強いられる毎日。

男子から告白されても、恋愛どころじゃないので断ったり。

 

 

 

 

音晴は青春をとりもどすため家族会議をひらき、父に説得させようとするが、

「娘の涙によわい」とゆう男親特有の弱点をつかれ、あっさり陥落。

さらに「雨音の気持ちもかんがえろ」「音晴はお姉さんなんだから」と、

まったく現実を見れてない父の言葉に絶望する。

 

 

 

 

血をわけた肉親さえ、いやおなじ遺伝子を共有する相手さえ、わかりあえない。

われわれはただ、精神の沙漠を孤独にさすらう。

 

本作はギャグ漫画だが、ときおり痛切に心をゆすぶる傑作でもある。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03