鈴木マナツ『コネクト』2巻

 

 

コネクト

 

作者:鈴木マナツ

掲載誌:『ウルトラジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス・ウルトラ

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

『コネクト』は、ネットを介してあつまった高校生の男女が、

それぞれの才能をいかして音楽活動をする物語。

活動の規模はまだ、動画サイトへの投稿やイベントでのCD頒布などにかぎられ、

つまりフリフリの衣装で踊ったりしないので、絵面の地味さは否めない。

鈴木マナツはそれでも、カラオケ店で歌うkanonのたたずまいなどで、

彼女にしか表現できない空気をかもしだす。

 

 

 

 

となりの部屋からギュイーンとかっこいいギターの音がきこえる。

様子をうかがうと、ひとりでギターを弾きに来た制服の少女がいたが、

演奏に夢中で和奏たちに気づかない。

ちょうどギタリストがほしかったので声をかける。

 

 

 

 

ノリノリな演奏の一部始終をみられた少女は、

パーカーのファスナーをあげて顔をかくし、一目散に遁走。

 

 

 

 

定番の「パーカー女子」ではあるが、頭部全体を覆うのはめづらしいし、

目のところが涙で濡れて怪人っぽく見えるなど、非凡なキャラ造形だ。

 

 

 

 

彼女は「矢野天音」、高校3年生。

亡き父におそわったギターをこっそり弾いてるのは、

両親の離婚によって板挟みの立場におかれたから。

女子らしい葛藤をドラマティックに描写しており泣ける。

 

 

 

 

藤尾さんがひとりカラオケの魅力をかたるシーン。

たとえばアイマスの曲をうたえば、

大好きなキャラクターたちと一緒にいる気がして、元気をもらえる。

 

ぱっとしない現実から軽やかに離陸する、作者ならではの世界観。

 

 

 

 

そしてマナツ先生は、女の子の脚を描かせたら日本一。

構図のおもしろさや、直線性と曲線性のバランスや、

ハムストリングの描写など、いくら見ても飽きない。

 

さまざまな少女たちが星座をなす様にきらめく、絵になる空間。

繊細さと力づよさを兼ね備えた作風は、もっと評判になるべきとおもうけど。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 鈴木マナツ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03