我孫子祐『恋する水族マン』

 

 

恋する水族マン

 

作者:我孫子祐

発行:講談社 2017年

レーベル:講談社コミックス マガジン

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

「千代森碧(ちよもり あおい)」は飼育員として水族館ではたらいている。

担当はアザラシ。

 

いつも女子のファッションセンスがいい作家なだけあり、

防水服でさえかわいくコーデしている。

 

 

 

 

きっちり水族館を取材したらしく、「お仕事もの」として充実の内容。

ペンギン班とアザラシ班の対立とか、おもしろい。

 

 

 

 

花形はもちろん、イルカ班。

イルカショーで華麗に宙を舞う「千鳥さん」は、まるで海の女神みたい。

 

 

 

 

碧が片思いしているアザラシ班の先輩は、千鳥が好き。

つまり碧にとって千鳥は恋敵。

ランニングする千鳥を帰宅中に見かけ、いろいろかなわないと痛感したり。

 

それはともかくドット柄のパーカーが目をひく。

色気のない職場でも、おしゃれ心はとめられない。

 

 

 

 

ストーリーは、ほのぼのラブコメ。

基本的に我孫子作品は、主人公をあからさまな逆境に置かない。

「水族館閉館を食い止めるため飼育員がアイドルユニット結成!」とかではなく、

ちょっとヘンテコリンだけど、どこにでもありそうな日常を提示。

 

 

 

 

経理の「尾根川さん」は、絶大な権限をにぎってるらしい。

女性キャラの描き分けの巧さはあいかわらず。

登場人物が多いと普通は散漫な印象になるが、

我孫子作品は不思議にも、女子がふえるほど密度が濃くなる。

 

 

 

 

僕のお気にいりは、クールな獣医の「三波足子(みなみ たりこ)」。

颯爽とした美人だが、本作でいちばんの変人かも。

 

絵柄がかわって線がシュッと細くなりつつも、

かわいさにさらに磨きがかかっており、今後も注目したい作家だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 我孫子祐 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03