はま/相沢沙呼『現代魔女の就職事情』3巻

 

 

現代魔女の就職事情

 

作画:はま

原作:相沢沙呼

掲載誌:『月刊コミック電撃大王』(KADOKAWA)2015年-

単行本:電撃コミックスNEXT

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

「玉城禰子(たましろ ねこ)」は見習いのへっぽこ魔女だけど、魔法は一応つかえる。

箒で空を飛べるし、占いは得意だ。

でも恋占いの結果を遠慮なく宣告して、依頼主を傷つけたりする。

 

人の心は魔法より厄介なのをしらない。

 

 

 

 

3巻でも、禰子の精神的成長はあまり感じられない。

そこがいいとも言える。

ころころ変わる無邪気な表情や、ほそくうつくしい手足や、

セーラー服っぽい魔女っ娘衣装をながめてれば、読者はしあわせ。

 

 

 

 

単著多数の小説家である相沢沙呼が原作を担当しており、

物語のクオリティも高いのだろうが、やはりヴィジュアルに惹きつけられる。

特に作家性があらわれる扉絵のたのしさに。

 

 

 

 

15話扉絵は、本作の二枚看板の片割れである「弥生」の横顔。

調理師になる夢と、神社を継がせたい親の望みのあいだで悩んでいる。

 

 

 

 

弥生が禰子に辛くあたるのは、幼いころから魔女に憧れてたから。

空を飛べるくせに、くだらない不平不満ばかり言う甘ったれた根性をゆるせない。

あんたなんかが人生を語るな。

地べたに貼りついて生きる人間のやるせなさを、あんたがわかるわけない。

 

 

 

 

雨の灯台でのドラマティックなシーン。

憂鬱な重力を力強く、そしてやさしく受けとめる百合の空間。

 

 

 

 

かろやかで、繊細で、かわいく、うつくしく、ときどきほろ苦い。

『現代魔女の就職事情』は最高の漫画とおもう。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03