板倉梓『きらきらビームプロダクション』

 

 

きらきらビームプロダクション

 

作者:板倉梓

掲載誌:『月刊まんがライフオリジナル』(竹書房)2015年-

単行本:バンブーコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

「きらきらビームプロダクション」は芸能事務所の名前で、

3人組のアイドルグループ「からぁ~ず☆」が所属する。

美人で長身で巨乳の「星ひかり」が社長をつとめる。

 

さまざまなジャンルを手がけてきた板倉梓の新作は、

コロコロ可憐な絵柄をいかしたアイドルもの。

 

 

 

 

リーダーの「大月あかね」が一番かわいいかな。

黒髪ショートの元気者だが、体型までボーイッシュなのが悩み。

 

 

 

 

ファンにチェキ帳を見せてもらったら、自分の顔がコピペしたみたいに同じとか、

地下アイドルあるあるネタで笑わせたり。

 

殺し屋のアクションものから、5歳の双子のファミリーものまで。

良く言えば万能選手、悪く言えば器用貧乏なあずにゃん先生らしく、

未経験のジャンルをさらっとソツなくこなしている。

 

 

 

 

マネージャーは26歳の「宝田麻人」。

地味だが誠実な人柄で、褒めるときは全力で褒め、

可愛いと言われ慣れてるアイドルさえ赤面させる。

 

 

 

 

海辺での泊まりの仕事。

3人組が眠ったころ、社長と部下がサシで飲みはじめる。

なんだかいい雰囲気に。

 

ピチピチした16歳が飛んだり跳ねたりするのと並行して、

しっとりしたオトナの恋をえがくのが板倉流。

 

 

 

 

宝田は、ネットでたまたま10年前のアイドルグループをしらべてたとき、

そのなかのひとりが今の社長であると気づく。

当時の純情さは欠片もないが、顔立ちとホクロの位置が一致。

 

サブプロットを絡めつつ、じわじわ盛り上げる語り口はあいかわらず。

 

 

 

 

どうも板倉梓は「かわいい絵の漫画家」と認識されてる気がする。

事実なのだが、ちょっとあなどられてる。

シンプルで洗練されてるのに親しみやすい、稀有な絵柄がかえって災いしてか、

構図やストーリーテリングの才能が注目されない傾向がある。

もっとスポットライトがあたるべき作家だ。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 板倉梓  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03