江島絵理『柚子森さん』

 

 

柚子森さん

 

作者:江島絵理

掲載サイト:『やわらかスピリッツ』(小学館)2016年-

単行本:ビッグスピリッツコミックス

[当ブログの関連記事はこちら

 

 

 

公園で猫の化身みたいな、妖精みたいな小学4年生を見かけたとする。

くらくらと目眩がして当然だ。

 

 

 

 

とはいえ、いきなり話しかけるのは非常識だろう。

「野間みみか」はれっきとした女子高生だから、

生徒手帳をみせれば信用してもらえるかもと、淡い期待をいだく。

 

講談社から小学館へうつって、主人公に「野間」を名乗らせるアイロニー。

 

 

 

 

もちろん効果はない。

「柚子森楓(ゆずもり かえで)」は防犯ブザーでみみかを撃退。

 

第1話の5ページで、読者は異様な愛の世界へ叩きこまれる。

 

 

 

 

7歳差の柚子森さんとみみかは、とりあえず友達になる。

自宅へ招いたらおしゃれしてくれて、それだけで感動。

 

 

 

 

ヴァージンスノーみたいな肌。

首や腕の細さ。

ムダな肉が1グラムもない、うすっぺらな体つき。

 

ウラジーミル・ナボコフが嫉妬しそうな技巧でえがく。

 

 

 

 

柚子森さんに脳のなかを占領されたみみかに、クラスメイトの「栞」が言う。

あんたはロリコンだと。

顔半分をフキダシで隠した病名宣告が容赦ない。

 

 

 

 

血みどろの闘争をえがく『少女決戦オルギア』から作風は大きく変化したが、

少女同士の不毛な関係がテーマなのはかわらない。

たがいを高めあうパートナーシップとはかけ離れている。

江島絵理が紙面にさらけだす性愛は、つねに無目的で醜悪な暴力性をはらむ。

 

 

 

 

パンキッシュな疾走感と、クールな構成力が共存する傑作『オルギア』とくらべたら、

ゆるゆるふわふわな『柚子森さん』は、江島にしては小品と言える。

さらっと一筆書きで描いた様な。

勿論、読者にそうおもわせる伎倆がすさまじいのだが。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03