肋兵器/鈴木大輔『文句の付けようがないラブコメ』

 

 

文句の付けようがないラブコメ

 

作画:肋兵器

原作:鈴木大輔

掲載サイト:『となりのヤングジャンプ』(集英社)2016年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

 

 

 

高価そうな椅子にすわる銀髪の少女が「神鳴沢セカイ」。

ホンモノの神である。

手前の少年が高校2年生の「桐島ユウキ」。

神への生贄に差し出されたその日、ヤケクソで結婚をもうしこむ。

 

 

 

 

あっさりプロポーズは承諾された。

神と生贄のおかしな新婚生活がはじまる。

 

 

 

 

セカイは見ためどおり純朴。

夜の営みのことなどよくわからぬまま結婚した。

聞きかじった知識で、さっそく夫婦らしい関係をもとうとする。

 

 

 

 

本作は、現在5巻まで刊行されているラノベシリーズを漫画化したもの。

小説版のイラスト担当者自身が手がけているのが珍しい。

ヒロインの神がかり的な可愛さが、主人公と読者を翻弄する。

 

 

 

 

さらに原作者の鈴木大輔が、脚本を一から書き起こしてるそうで、

「コミカライズ」より「アップグレード版」と呼ぶべき作品だ。

あとは珍妙な設定さえうけいれれば、濃密なセカイ観を堪能できる。

 

 

 

 

大ゴマを多用する作風は、イラストレーター的発想が感じられる。

各話が短かめで軽めの、ウェブ連載の形式にあわせてるのかもしれないが、

肋兵器の優美な描線をたのしめる点で成功している。

 

 

 

 

個人的に、1巻のなかでドカンともうひとつ事件が起きた方がよかったと思うが、

とにかくヒロインの可愛さが印象的で、ラノベ移植作の最良のひとつとなっている。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03