履歴書の虜 ― 柘植久慶『オバマ暗殺』

『Skytrainの香港駐在日記』

 

オバマ暗殺

 

著者:柘植久慶

発行:角川春樹事務所 平成二十一年

 

 

 

ツゲといえば、ヨシハルではなく、ヒサヨシだ。

六十六歳のヒサヨシは、寡作家のヨシハルなどとちがい、

去年だけで十二冊の著書を世におくつた。

月ごとに質の低い本をかきなぐる、デタラメぶりに頭がさがる。

アメリカ陸軍特殊部隊に所属した退役大尉という経歴をひきさげ、

平和ボケした文壇で、大成功をおさめたヒサヨシ。

のちに、ホンモノのグリーンベレーである三島瑞穂に、

あつさり嘘をあばかれたのは、御愛嬌。

男子として、これほどの不名誉はそうないが、

かれはけふも、どこ吹く風でいばりくさつている。

あまり悪口をいうと本人に暗殺されるから、本の話にはいろう。

 

「黒人大統領を暗殺することが国家のためになる?」

「民主党政権の背後には、鼻もちならない東部のインテリ、

ホモセクシュアル、黒人とヒスパニック、

ユダヤ人、左翼、それに不満分子がいる。

彼らが国家を別の方向に導くのではないか、

という危険意識だろう」

 

ヒサヨシの世界観がよくわかる会話だ。

世界一優秀な弁護士でもかばいきれないくらい、

完全にまちがつている。

エセ軍人のくせに、いや、エセだからこそなおさら、

本職以上にアメリカ合衆国の将来をうれうのか。

 

 

 

バラク・オバマの暗殺を依頼された主人公、一ノ木戸悠の、

あまりの魅力の乏しさに圧倒される。

ヒサヨシの(虚偽の)経歴にピタリとかさなる、六十六歳。

年齢など意に介さず、銃をかかえて激戦をかさねては、

世界中の美女と、一夜かぎりの情事をたのしむ。

おのれの願望を、そのまま文章におこすのは結構だが、

こんな超人に共感できる読者がいるとはおもえない。

凡百の小説家なら、主人公の過去の悲しい事件をかくとか、

同等の能力をもつ好敵手をだすとか、

敵につかまつて拷問されるとか、適当な見せ場をつくる。

勿論ヒサヨシが、読者がよろこぶ小細工をするわけがない。

大きらいなオバマのことも、言いたい放題。

他人の経歴には、きびしい作家なのだ。

「オバマの妹の亭主はバリバリの支那人。

国家機密がそこから流出するだろう」

「オバマの叔母はイスラム教徒で、不法滞在で摘発された。

大手メディアはまつたく問題にしなかつたが」

「オバマは支援者や裏方に愛人がいる。

妻ミシェルにはとつくにバレていて、頭があがらない。

かの女によつて、かわゆい黒人娘がバハマ諸島に島流しに」

ちなみに上のふたつは確認したが、一番下は真偽不明。

「愛人」とか「不倫」とか、英語でどう検索したらよいのだろう。

 

 

 

左翼ぎらい、黒人ぎらいのヒサヨシは、小説のなかでオバマをおいつめる。

 

RPG-7で防弾ガラスを破壊、機関銃で掃射、狙撃銃での狙撃、

周辺の警護を榴弾で一掃、そして迫撃砲か。

 

銃弾、榴弾、砲弾の雨あられ。

かわいそうなバラクくん。

腰をぬかした新大統領は、みじめに演壇を這いまわる。

失禁してズボンをぬらした姿が、全世界に放映される。

 

実弾の洗礼を受けたことのない人間の見せた醜態だ。

ジョン・マケインなら、暫くのあいだ立っていたであろう。

 

だれだつて逃げるだろ。

迫撃砲弾は、特等席にいた報道記者たちを直撃し、

大統領選でオバマを応援したことへの、報復まではたす。

しかしなぜ、ここまで。

オバマとその支援者への憎しみの、はげしさよ!

おそらく、愛知県うまれの平木啓一(ヒサヨシの実名)は、

嘘に嘘をかさねるうち、負の感情のとりことなつたのでは。

オレはアメリカ軍人なのだから、反アメリカ的政治家はみとめられない。

邪魔者は、殺すべきだ。

戦争だつて、「ドミノ理論」とか「大量破壊兵器」とか、

えてして屁理屈や虚言を燃料にしてはじまる。

その意味で本作は、正鵠をいた戦争文学でもある。

 

 


オバマ暗殺オバマ暗殺
(2009/03)
柘植 久慶

商品詳細を見る

 


 


バラク・オバマに関するマジメな本については、以下を参照のこと。

 

千両役者オバマ ― 成澤宗男『オバマの危険』


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03