えびさわまよ『LiLy』

 

 

LiLy

 

作者:えびさわまよ

掲載サイト:『裏サンデー』(小学館)2016年-

単行本:裏少年サンデーコミックス

 

 

 

秋葉原にあらたなメイドカフェ誕生!

看板娘は手前の「かなで」。

小柄だがアイドルなみのルックスで人々を癒やす。

 

 

 

 

けれどもかなでは、キラキラした笑顔の陰で悩んでいる。

メイドなんてやめたいと。

だって彼女の本名は「奏(そう)」、高1の男子だから。

 

喫茶店を営む親がつくった借金1億円を返済するため、

店をメイドカフェに改装し、そこで働きはじめた。

 

 

 

 

元凶は姉だった。

弟をオモチャにし、女装させて楽しむ悪趣味にふりまわされてきた。

 

奏は外見はともかく、内面は男らしいタイプ。

しかし嫌がれば嫌がるほど、恥づかしがれば恥づかしがるほど、

ますます可愛く見えるとゆう魔のサイクルにはまる。

そして侠気を発揮してがんばる姿が、これまた健気でいじらしい。

「男の娘」の世界は、まるでアリ地獄。

 

 

 

 

こんな可愛いコを人が放っとくわけない。

街をあるけばナンパされるし、チンピラに襲われることも。

屈辱のあまり、かなでは涙ぐむ。

 

男の娘はぺったんこな胸もいいが、ぷりぷりのお尻もいい。

作者は新人だが、よくわかっている。

 

 

 

 

かなでが危機に陥ると飛んでくるのが、幼なじみの「心葉(このは)」。

メイドカフェの同僚でもある。

古武術の道場の娘で、ケタ外れの強さの持ち主。

 

 

 

 

萌え系漫画はおろか、バトル系漫画でもそうそう目にしない、

チンピラが気の毒になるほど残虐な攻撃のあと、啖呵を切る。

かよわい女子に暴力をふるうなんて許さないと。

 

 

 

 

男たちを天国へいざなう、これが本当の「冥途カフェ」ってな具合に、

切れ味するどいギャグにしびれる。

巨熊や大王イカとの戦いなども笑えるので、ぜひ単行本で。

 

 

 

 

とびきりの可愛さ、ドタバタアクション、頭のネジが外れてるギャグ……。

『わぁい!』休刊でやや下火になった感のある「男の娘もの」だが、

ここにきて大本命ヒロインが爆誕したのだった。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 男の娘 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03