フクハラマサヤ『ウィーンで歌ってみて』

 

 

ウィーンで歌ってみて

 

作者:フクハラマサヤ

掲載サイト:『ニコニコ静画 きららベース』(ドワンゴ)2016年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[当ブログの関連記事はこちら

 

 

 

金髪の少女の名は、16歳の「リーナ・アイヒホルン」。

声楽家の卵で、ウィーン国立歌劇場に立つ日を夢見て練習にはげんでいる。

 

 

 

 

王宮庭園のベンチで休んでたら、モーツアルト像の足許で、

パソコンでの作曲に没頭する黒髪の少女をみつけた。

日本からの留学生らしい。

 

 

 

 

彼女の名は「奏手歌音(かなで かのん)」。

おもにボカロPとして活躍している。

ドイツ滞在経験があり、ドイツ語も堪能だ。

リーナは伝統派、歌音は現代派。

ふたつの対照的な個性が、音楽の都で交錯する。

 

セーラー服っぽい服装のかわいさは、

水兵さんの漫画『水瀬まりんの航海日誌』の作者ならでは。

 

 

 

 

あいかわらず作画は充実しており、狭い4コマのフォーマットから解放され、

特に風景描写で彩管をふるっている。

ウィーンのうつくしい町並みは、そよ風さえメロディを奏でそう。

 

 

 

 

ウィーンの魅力は音楽だけじゃない。

名店のザッハートルテを前にしたら、女の子はテンションあがる。

舞台はヨーロッパでも、いつものきらら的日常。

 

 

 

 

眼鏡でショートカットの「ソフィー」は、SNSで知り合った歌音の友人。

日本のオタク文化に精通しており、リーナをコスプレでステージへあがらせる。

 

ウィーンやクラシック音楽など題材は高尚だが、

それらを消化した上で、独自の世界観を提示している。

 

 

 

 

フクハラマサヤの作品に悪人は出てこない。

主人公があからさまな逆境に置かれることもない。

大仕掛けの題材を好むわりに、ちょっと淡白な作風で、

それが美点ではあるが、インパクト不足の原因でもある。

 

でもコマとコマのあいだに耳をすませば、百合とゆうオペラを聞き取れるだろう。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03