ひみつ『担当編集ボツ子さん』

 

 

担当編集ボツ子さん

 

作者:ひみつ

掲載誌:『まんがタイムきらら』(芳文社)2015年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/同作者の『ぺたがーる』の記事

 

 

 

うだつの上がらない漫画家「田中一人」に、あらたな担当編集がついた。

新人の女性編集者である「刺子愛(さしこ あい)」。

SMの女王様みたいな恰好で度肝を抜く。

 

 

 

 

打ち合わせのときの言動も女王様風で、容赦なく責める。

作品や技術だけでなく、人間性まで否定。

仕事とゆうより趣味でやってそうでこわい。

 

 

 

 

一方で、いきなり嫉妬心を露わにしたり。

なにを考えてるのか、ますますわからない。

 

 

 

 

プライベートの服装はフツウで、物腰もおしとやか。

作家に「ムチを入れる」ため、仕事ではキャラをつくってるらしい。

 

刺子さんが編集業に入れこむ様になった、幼少時のきっかけも語られる。

おっかなくて憎たらしいけど、かわいくってしかたない。

 

 

 

 

こちらはライバル出版社の編集者「犬井夢子」。

なぜか田中の読み切りを気に入り、コンタクトしてきた。

 

中学生にしか見えない外見、だぶだぶのスーツ。

髪型を工夫してシルエットで識別しやすくするなど、キャラデザがたくみ。

 

 

 

 

田中の妹・刺子・犬井の3人での女子トークは、萌え4コマの楽しさがつまってる。

『ぺたがーる』で、「おっぱいの大きさ」とゆうあまり上品でないテーマを、

「百合」の世界観に落とし込んだ作者の技が冴えている。

 

 

 

 

4話からは縦位置の扉絵を多用するなど、演出面でアイデア豊富。

ギャグもヴィジュアルもセンス抜群だ。

 

版元を変えても安定のパフォーマンス。

本作でひみつは、自身が萌え4コマのマエストロであると證明した。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03