篤見唯子『スロウスタート』3巻

 

 

スロウスタート

 

作者:篤見唯子

掲載誌:『まんがタイムきらら』(芳文社)2013年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/当ブログの関連記事

 

 

 

『スロウスタート』は扉絵でひっぱる漫画だ。

その牽引力は、パグ犬なみでさほど強くないが。

 

 

 

 

繊細で洗練された描線。

ソリッドな構図のなかで息づく女子同士の関係性。

ハッとさせられる。

 

 

 

 

本篇は扉絵以上にスタティック。

事件はおきない。

われわれが経験する日常より平穏なほど。

「日常系」のコンセプトをおしすすめた結果、むしろ特異な世界観となっている。

 

 

 

 

28話は4人で水着を買いに行く。

栄依子はちょっと大胆なビキニ。

事前に「水着を試着するときはパンツは脱がない」と話しており、

きらら定番のネタに重層的な味わいが加わる。

 

 

 

 

花名はかわいい系、たまては何とも言えない系。

ファッションの語彙の豊富さが、本作の中心的なメリットだ。

 

 

 

 

『スロウスタート』が、超自然的な時間感覚を呼びさますのは、

主人公の花名が極度に引っこみ思案で、ストーリーが進展しないから。

でもごくまれに、おっかなびっくり足を踏み出し、読者の心をつかむ。

月並な会話のなかの「え」の一言が、あざやかな情景となってせまる。

 

 

 

 

3巻の白眉は32-33話。

自分がつくったネックレスを先生がつけてくれて嬉しいとゆう、

ただそれだけの話を、わざわざ2話にわたって引っぱる。

 

一コマごとに背景を変えるのは本作の特徴だが、

このページは処理が精緻の極みに達していて、ため息がでる。

イレギュラーな「9コマめ」の余韻は、ちょっとした奇跡だ。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03