Nintendo Switch 混沌を切り裂く光

 

 

任天堂のあたらしいハードウェアの名称やコンセプトが発表された。

その名は「Nintendo Switch」

携帯機と据置機の両方の性能をそなえており、

これ一台で、自宅のテレビでも外出先でもあそべる。

任天堂は、自身がつくりだした「携帯/据置」のボーダーを、

みづからの手で消去する気だ。

 

 

 

 

「Joy-Con」とゆう着脱可能なコントローラが目を引く特徴となっている。

ボタンやジョイスティックの部分だけスライドし……

 

 

 

 

……「本体」にカチッとはめれば、大型テレビであそんでいたゲームを、

そのまま好きな場所へ持ち出せる。

いかにも現代的なモビリティ。

 

 

 

 

ただ、家でも外でもゲームにのめりこむ様な人間は、

ジョイコンの取り外しすら億劫に感じるだろう。

そんな場合、帰宅したらジョイコンをつけたままの本体をドックにのせ……

 

 

 

 

……別のコントローラでつづきをプレイすれば、手間がひとつ減る。

ゲーマーはストレスを嫌う生き物なのだ。

 

ニンテンドースイッチの中心概念に、決定的なあたらしさはない。

実装されなかったが、PSVitaもHDMI出力機能の搭載を検討していた。

ある意味フツウな、期待どおりのハードと言える。

 

 

 

 

とは言えここから、元玩具メーカーの本領が発揮される。

ジョイコンは単独で、簡易なコントローラとして機能するため、

本体をスタンドで立てると、すぐその場で2人対戦が可能。

ふたつ本体があれば4人対戦!

激アツのマリオカート大会が世界各地でひらかれそう。

 

 

 

 

飛行機などで長時間移動するときは、

切り離したジョイコンだけ握ってプレイすると、目や腕の負担が軽減する。

 

 

 

 

Wiiの「ヌンチャクスタイル」で実證ずみだ。

ケーブルがなくなり、手軽な操作性がさらに進化した。

 

ちまちまっとして親しみやすいオモチャっぽさは、

ウルトラハンドや光線銃シリーズなどの伝統を受け継いでいる。

 

 

 

 

任天堂ハードの象徴である「十字キー」が消えた。

切り離したときボタンが必要なのでしかたない。

 

 

 

 

点対称的なジョイスティックとボタンの配置は、アイコンに採用。

人間工学やデザイン性でなく、「ギミック」として生まれたのが任天堂らしい。

 

 

 

 

単純に配置だけみるとXboxコントローラに似ているが、

あふれる遊び心はむしろワンダースワンにちかい。

縦持ちでもプレイできる独特の対称性。

 

横井軍平がニンテンドースイッチをみたら、きっとよろこぶはず。




関連記事

テーマ : 任天堂
ジャンル : ゲーム

タグ: NintendoSwitch  任天堂 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03