タチバナロク『可愛い上司を困らせたい』

 

 

可愛い上司を困らせたい

 

作者:タチバナロク

掲載誌:『まんがタイムスペシャル』(芳文社)2015年-

単行本:まんがタイムコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

大事件が発生した。

現場は、主人公である31歳のOL「井羅恵(いら めぐみ)」の自室。

朝めざめたら、チャラい新入社員の男が隣に寝てた。

ふたりとも裸で。

 

 

 

 

めぐみは、大手食品メーカーの商品開発部で次長をつとめる。

人生を仕事に捧げたせいで、恋愛経験ゼロ。

後輩の男とゆきずりで一夜をともにするなんて、ありえない。

 

いったいなにが起きたのか。

 

 

 

 

なんと4話にわたり、めぐみの「過ち」が検證される。

新人歓迎会で「青木俊」とサシで飲んでたら酔いつぶれ、

自宅で介抱されながら「野球拳がしたい」と駄々をこね、

疲れ果てて二人ともそのまま眠りこんだ、とゆうのが真相だった。

 

とりあえず無罪。

 

 

 

 

ふたりは交際をはじめる。

初デートは水族館。

 

タチバナロクは、『恋愛しませんか?』と『犬神さんと猿飛くんは仲が悪い。』で、

それぞれ3巻の単行本を出しているが、4コマは本作がはじめて。

「8ページ15本」のフォーマットの中間である5ページめで、

あざやかな大ゴマをもちいるのは、4コマ作品ではめづらしい。

 

 

 

 

水槽の内側と外側を交互にえがき、31歳OLの無邪気さを際立たす。

なんとも言えない間合いに惹きこまれる。

 

 

 

 

めぐみは仕事はともかく、恋愛は不器用で無神経。

男のプライドをわかってない。

ローアングルで無音の3コマめがいい。

 

 

 

 

青木の復讐は、「元カノ」を会社へ呼びつけ、めぐみに嫉妬させること。

正体はイトコなのだが。

 

タチバナロクの女性描写は肉感的で、4コマではややクドく感じられるが、

ぶち抜きのコマは印象ぶかいものが多く、抗しがたい魅力がある。

 

 

 

 

ダシにされた従姉の「しおり」が、「密会現場」から去る。

 

ファミレスの正面のロングショット、膝から上のミディアムロングショット、

溜息をとらえるクロースアップ、そしてブーツを履いた足許。

流麗なカメラワークに、見ているこちらが溜息をつく。

彼女はただのイトコじゃない、このままじゃ終わらないと、絵で訴えている。





関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03