小細工大作戦 ― 『ワルキューレ』

 

ワルキューレ

Valkyrie

 

出演:トム・クルーズ ビル・ナイ トム・ウィルキンソン

監督:ブライアン・シンガー

制作:アメリカ 二〇〇八年

[新宿ピカデリーで鑑賞]

 

 

 

あの完璧なサスペンス映画、『ユージュアル・サスペクツ』をみたのは、

大学にはいりたての頃だつたかな。

主流に属してはいないが、それでも滅法おもしろい、

そんな映画が存在することを、未熟なオレにおしえてくれた。

だから、監督のブライン・シンガーがその後、

コンピュータ頼りの大味な作品にかまけていたのは、さびしかつた。

計算機をうまくつかえば、ごくまれにサプライズをあたえるけど、

決して、サスペンスはうみだせない。

一方で、つかいふるした革のブリーフケースが、

役者から役者に手渡しされるのをみただけで、観客の心拍数はたかまる。

不安とは、アナログな感情なのだろうか。

序盤の、トム・クルーズがワグナーのレコードをききながら、

「ワルキューレ作戦」をおもいつく場面も印象にのこる。

家が空襲をうけて、針飛びするプレーヤー。

これがCDやiPodでは、絵にならない。

 

 

 

サスペンス映画は、小道具が命。

『キネマ旬報』で今野雄二も指摘していたが、

本作ではタバコが随所にあしらわれる。

吸殻を足でもみけす描写がやけに多いが、

ここは、『ユージュアル・サスペクツ』の冒頭がこだましている。

 

貨物船のデッキでタバコに火をつけたキートンが、

燃えている紙マッチを、洩れて流れるガソリンの上に捨てる。

炎のラインがカイザー・ソゼの小便で消される。

タバコに火をつけたソゼはキートンを射殺した後、

吸殻をガソリンだらけの床に捨て、船を爆発させる。

「ワルキューレ」のタバコと吸殻は、

シンガーとマッカリーの〈署名〉だったのだ!

 

『キネマ旬報』四月上旬号

今野雄二・作品評

 

卑俗な精神分析で恐縮だが、これは「去勢不安」のあらわれと解釈できる。

さきのレコード針、ペンチできられる信管、切断されたクルーズの腕。

男根と去勢、という素材が反復される。

フロイトは去勢不安と同性愛をむすびつけたが、

本評文では、その理論の是非をとうつもりはない。

同性愛者として知られるシンガーが、内的な心象風景を、

なまなましく作品にやきつけたことを評価したい。

あ、もうひとつ大事な「小道具」をわすれてた。

女。

クルーズの妻役に、カカシみたいな女優(カリス・ファン・ハウテン)を配し、

「異性愛」と、その結晶である「家族」の空疎さを、きわだたせる。

 

 

 

政権転覆をくわだてる際、軍隊は必須の道具にちがいないが、

タバコほど手軽にあつかえるものではない。

白髪頭の高級将校の協力をとりつけるのが、一苦労だ。

だからクーデターをえがく映画の観客は、

くたびれたジイサンの顔をみつづける、忍耐力がもとめられる。

しかし、さすがは「男ずき」のシンガー監督。

イギリスから古強者を大量輸入したうえで、

各人の性格を簡潔にえがきわける。

とぼけたケネス・ブラナー、臆病なビル・ナイ、

狡猾なトム・ウィルキンソン、風格あるテレンス・スタンプ。

特にビル・ナイがうまい。

ヒトラーの生死が不明な状況で、決断をくだせない大将に気をもまされる。

たとえヒトラーが死ななかつたとしても、一旦作戦がはじまれば、

グズグズしたところで何の意味もない。

それがわかつていても、不安はひとをおかしくする。

最後の処刑の場面。

クルーズが撃たれる瞬間に、副官のジェイミー・パーカーが立ちはだかる。

帰宅してしらべておどろいたが、これも実話だつたんだね。

死の中でみつめあう、男と男。

そのうつくしさ。

やはり本作は、ブライアン・シンガーにしかつくれない傑作だ!


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03