アニメ『NEW GAME!』11話 プラシーボねねっち

 

 

NEW GAME!

 

出演:高田憂希 山口愛 竹尾歩美 戸田めぐみ 日笠陽子 茅野愛衣 朝日奈丸佳

監督:藤原佳幸

副監督:竹下良平

シリーズ構成:志茂文彦

原作・9話脚本:得能正太郎

キャラクターデザイン:菊池愛

アニメーション制作:動画工房

放送:2016年7月4日-

[当ブログの過去記事はこちら

 

 

「……正解っ!!」

 

OPでも採用された、ねねっちの名台詞である。

ポーズもびしっと決める。

 

 

 

 

激怒するうみこ。

なぜこの娘は、アホそうな顔のくせに、つぎつぎとバグを発見するのか。

それが仕事だから構わないが、マスターアップ当日にまで発見しなくても。

 

 

 

 

ねねっちはわづか数日で、イーグルジャンプの台風の目となったが、

買い出しにきたドラッグストアで、きょうがバイト最終日だと青葉に告げる。

いつもの様に元気だが、言葉の端々にさみしさがにじむ。

 

 

 

 

2858円の栄養ドリンクをひとくち舐める。

おこちゃま舌には刺激がつよすぎた。

 

 

 

 

単純な性格だけに、プラシーボ効果が発動したらしい。

テンションはゲージをふりきり、深夜のねねっち劇場がはじまる。

 

 

 

 

夢をかなえようと頑張るあおっちを応援したい。

あおっちの大好きな職場に、わたしもいたい。

でもわたしは、ただの大学生。

 

ねねっちの小柄な体からあふれだした感情が、社屋をみたす。

ヒロインの魔法で全体攻撃。

 

 

 

 

魔法がきれて、辺境へとばされるオチもつく。

中央線に無人駅なんてないのに。

まったく、なんてマジカルなヒロインなんだ。

 

 

 

 

2巻で僕が好きな、コウが束ねた髪をほどく仕草。

パンツよりエロティック。

 

偽ヒロインとパンツで気を引き、真ヒロインと繊細な描写で虜にする。

アニメ『NEW GAME!』は周到にしかけられたトラップだ。





関連記事

テーマ : NEW GAME!
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03