関谷あさみ『千と万』完結

 

 

千と万

 

作者:関谷あさみ

発行:双葉社 2013-16年

レーベル:アクションコミックスコミックハイブランド

ためし読み/当ブログの過去記事

 

 

 

3巻で完結なので、いくつかのプロットが決着。

詩万の片思いは、失恋におわる。

この24話で、前話の「足跡トリック」を解き明かす技巧も心憎い。

 

関谷あさみは短篇の名手であり、今後もそうだと思われるが、

いまのところ唯一の長篇である本作は、長尺の物語の醍醐味をあじわえる。

 

 

 

 

悪友にちかい親友(結局名前は明かされない)は、

姉が自宅の前まで彼氏を連れてきたのを目撃。

恋人がいたと知らなかった。

 

 

 

 

親に、特にお母さんに内緒にしてくれと懇願される。

しっかり者の姉が、やたら取り乱して必死なのがおもしろい。

恋愛って不思議なイベントなんだなあと思いつつ、姉を足蹴にしてあそぶ。

 

 

 

 

お隣の波ちゃんは高校へ入学。

セーラー服姿をみせる表情は照れくさそうだが、誇らしげでもある。

 

 

 

 

関谷あさみは制服のマエストロだが、おしゃれしすぎない私服も巧い。

世界一かもしれない。

足回りに若干の小学生っぽさを残しているけれど、

ひとりで買い物をたのしむなど、女らしく成長。

 

 

 

 

父の妹である那由は、父子家庭で育つ詩万の世話をした。

「おばさん」だがオシャレでかわいく、ちっとも「オバサン」ではない。

エゴイストばかりの本作の良心と言える存在。

 

恋人に会ってくれないかと、兄にもちかける。

両親は他界しているので。

本来は気のおけない関係の兄妹なのに、

いつもより気合のはいった恰好をしていた理由がわかる。

 

 

 

 

おもわず踊りだすくらい、年をとるのがうれしい時期。

17歳くらいまでだろうか?

雛が巣から飛び立つ瞬間に、本作はすっと幕を下ろす。

 

女の子の女の子らしさを全3巻に凝縮した、不朽の名作だ。





関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 関谷あさみ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03