江島絵理『少女決戦オルギア』完結

 

 

少女決戦オルギア

 

作者:江島絵理

発行:講談社 2015-16年

レーベル:ヤンマガKC

ためし読み/当ブログの過去記事

 

 

 

百合アクションの傑作が完結した。

最後の最後まで、女同士で不毛にイチャイチャし、冷酷に殺しあう。

 

 

 

 

ギャルギャルしい「英梨羽」とのバトルは、本作全3巻の白眉だ。

森島明子との対談で作者は、自身が空手経験者だと明かしている。

戦闘シーンがやけに緻密で実践的なのも当然か。

 

 

 

 

英梨羽のエモノは、フルオートモデルのグロック18を二丁。

あまり褒められた趣味じゃないが、そこがまたギャルっぽい。

 

 

 

 

残弾を数えつつカウンターの隙をうかがう敵を誘いこみ、

巨乳の弾力性をいかした「おっぱいリロード」で優位にたつ。

これがオルギアのバトルだ。

 

 

 

 

百合パートでは、ストーリーの核心部分があきらかに。

主人公である舞子の「夢」が、『少女決戦オルギア』の主題だった。

それはパティシエかもしれないし、保育士かもしれない。

 

ただテーマがあるなら、物語の早い段階で提示すべきだったと僕は思う。

すこし勿体ない。

 

 

 

 

言うまでもなく舞子の夢は、命より大事な緋乃を救うこと。

女の子同士の愛は、この世のなにより純粋でうつくしい。

だがそれは真実なのか。

百合もまたエゴイズムでないと證明できるのか。

 

 

 

 

 

最終話、学校の屋上でキス。

それを目撃した「瑠璃ノ森もえ」の、破滅的な嫉妬と殺意。

恐怖する緋乃。

敗北と死を確信しながら、かすかに満足げな笑みをうかべる舞子。

 

張りつめたロープの上で交錯する、美少女たちの欲動。

崇高な一瞬を記録した本作は、百合アクションの歴史に永遠に刻まれるはず。





関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03