有馬『はんどすたんど!』

 

 

はんどすたんど!

 

作者:有馬

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2015年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

舞台は北海道の高校。

小柄でツインテの主人公「新城ななみ」は雪掻きのあと、

『犬神家の一族』みたく逆さまに突き出た足をみつける。

 

 

 

 

それは死体でなく、同級生の「真白ゆか」だった。

中学まで器械体操をやってたが、高校入学したら体操部が消滅、

欲求不満がつのり、つい人目のないところで逆立ちしてしまう。

 

普段のゆかはおとなしく、体のやわらかさに引かれないよう開脚を遠慮したり。

 

 

 

 

とにかく自由奔放で突発的な、ななみの個性が印象的。

体操経験こそないが運動神経がよく、校内で暴れまわる。

インドア指向のつよいきらら系コミックにおいて、

器械体操はアクション性を最大限ひきだす題材だ。

 

あと小学生にしか見えない低身長も、体操では有利。

重力と常識を華麗にのりこえる漫画だ。

 

 

 

 

「乙宮いちご」は超がつくほどの運動音痴。

ラジオ体操とまちがえて入部してしまった。

逆上がりができた感動で悲鳴をあげる。

 

 

 

 

「晴沢ひなた」はビビリの根暗少女。

胸が大きいのも不利だ。

たわわなおっぱいがお荷物になるとは、なんて残酷な競技だろう。

 

 

 

 

可憐な絵柄によるギャップのせいかもしれないが、

体操の描写は意外と本格的に感じられる。

平均台の上り方ひとつとってもいろいろで、それぞれかわいい。

 

 

 

 

しかし、童顔なのにオッサンみたいな口調で話し、

じっとしてるだけでも髪の毛がはげしく暴れだす、

ななみのケイオティックなたたずまいが本作のすべてだ。






関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ  ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03