江戸屋ぽち『こはねちゃんの犬』

 

 

こはねちゃんの犬

 

作者:江戸屋ぽち

掲載誌:『月刊サンデーGX』(小学館)2016年-

単行本:サンデーGXコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

なんて凝った制服なのか。

服飾に関する語彙がすくない僕は、どう形容すべきか困惑するほど。

『魔法少女育成計画』のコミカライズ(KADOKAWA)で、

キラキラフワフワの衣装で紙面を埋め尽くした江戸屋ぽちが、

画風はそのままに小学館へ殴り込み(コミティア出張編集部がきっかけとのこと)

 

 

 

 

イケメンの「白鳥圭吾」が、幼なじみの「立花こはね」との再会に凍りつくのは、

彼女に重傷を負わせた引け目があり、トラウマになってたから。

 

 

 

 

かよわい女に触れれば、一生モノの傷がのこる。

男は、責任を取らねばならない。

こはねは容赦なく圭吾に重圧をかける。

 

 

 

 

日本男児には、いざとゆうときの逃げ道がふたつある。

土下座と切腹だ。

 

 

 

 

圭吾の誠意は、こはねに通じない。

むしろ激情に火がつき、行為はますますエスカレート。

 

 

 

 

だって、こはねは圭吾を愛しているから。

焚き木が腿をつらぬき、大量の血が流れるときでさえ、欲情していた。

好きな男を完全に支配できる喜びで満たされていた。

 

 

 

 

たとえるなら、『失われた時を求めて』のヴァントゥイユ嬢の唾吐きみたいな、

性愛と暴力が分かちがたく結びつく、ゾクゾクする感覚が押し寄せる。

鍵空とみやき『ハッピーシュガーライフ』と共鳴する佳作だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03