二駅ずい『彼女はろくろ首』3巻

 

 

彼女はろくろ首

 

作者:二駅ずい

掲載誌:『別冊少年マガジン』(講談社)2015年-

単行本:講談社コミックス マガジン

ためし読み/当ブログの過去記事

 

 

 

第3巻は構成がたくみだ。

田舎へ帰った「かのっち」の墓参りからはじまる。

ろくろ首の特徴をいかして墓石に水をかける。

 

 

 

 

十年前に母を亡くしたらしい。

おちゃらけた印象の「モンスター娘もの」だが、主人公の内面にぐっとせまる。

 

 

 

 

幼い頃のかのっちはやんちゃで、幼なじみの一樹をよく泣かせた。

そして母に怒られた。

なつかしい思い出だ。

 

 

 

 

ふたりは成長し、恋人一歩手前の関係に。

本巻のハイライトの水族館デートである。

がんばりすぎないファッション、探りを入れる様な表情。

待ち合わせの場面から生々しく、切迫している。

 

 

 

 

かのっちのうなじへ寄ってゆくカメラ。

首が長くても、短くても、彼女はかわいい。

 

 

 

 

妖怪と人間の世界を隔てる「モドリ橋」についても語られる。

たがいに好意を抱きながら、すれちがうふたりの、埋められない溝の象徴だ。

 

 

 

 

子泣き爺や一反木綿とか、新キャラの妖怪少女をバンバンだして、

どんちゃん騒ぎにするかわりに、作者は青春の風景を切り取るのをえらんだ。

意外なほど成功している。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03