松本ひで吉『境界のミクリナ』

 

 

境界のミクリナ

 

作者:松本ひで吉

掲載誌:『少年マガジンエッジ』(講談社)2015年-

単行本:マガジンエッジコミックス

ためし読み/同作者の過去記事

 

 

 

その幼女の名は「ミクリナ」、職業は魔女である。

人間界を征服するため魔界からきたが、どうも勝手がちがう。

物珍しがられるわ、見たことない乗り物に轢かれるわ。

 

 

 

 

魔女たちは400年まえに迫害され、魔界へ逃れた。

満を持して復讐戦を開始したのはいいが、時はすでに中世ではない。

近代技術を手にした人間は、超自然的なものを恐れない。

 

 

 

 

自分の侵略計画はいったいなんだったのか。

途方に暮れるロリ魔女に、超テキトーな女子高生「榎本さん」が宿を提供。

人間は残酷だと聞いていたミクリナは拍子抜け。

 

現代人は神のかわりに、百合とゆう宗教を信仰している。

 

 

 

 

マジメで頑張り屋さんなミクリナの人柄が、本作の魅力。

いいところを見せようと魔法をつかったら、

榎本さんは驚くどころか、溜息つきながら一言「ショボ……」。

 

 

 

 

それでもミクリナはめげずに現代日本を飛び回る。

 

松本ひで吉は、ギャグの切れ味が売りの作家だが、

ネタだけでなく絵でも勝負できるほど上達。

 

 

 

 

5話に登場する、ミクリナの姉「キルケ」。

侵略が順調かどうか確かめにきた。

商店街で「文明の衝突」がおきる。

たとえばラーメン屋で、キルケがコショウの缶をみて驚愕。

中世ヨーロッパでコショウは、黄金にひとしい価値があるから。

 

オカルトマニアの作者は、知識をたくみに現代風俗へ溶けこませる。

確固たる「世界観」をもつのが、ひで吉先生の強み。

 

 

 

 

7話に出てくる、眼帯ツインテ中二病少女の「畑中さん」。

ミクリナは畑中さんを本物の魔女とおもい、畑中さんはミクリナをコスプレとおもう。

噛み合うようで噛み合わない会話がおかしく、

「コメディ寄りの設定ね」なんてセリフが笑いのツボを串刺し。

 

かわいく、エキセントリックで、案外中身もある唯一無二の世界。

鬼に金棒、魔女にホウキ、松本ひで吉に画力。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 松本ひで吉  ロリ  百合  眼帯女子 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03