暁月あきら/西尾維新『症年症女』

 

 

症年症女

 

作画:暁月あきら

原作:西尾維新

掲載誌:『ジャンプスクエア』(集英社)2016年-

単行本:ジャンプコミックス

ためし読み/西尾維新についての過去の記事

 

 

 

『めだかボックス』コンビの新作である。

主人公である「少年」は、ある新病のせいで他者の個性を読み取れない。

視覚において、人の顔が塗り潰されてみえる。

たとえば人間ピラミッドから人間性が奪われ、ただのピラミッドに。

 

 

 

 

街を歩くと、看板さえも無個性な存在として目に映る。

逆に言うと人間の顔は、自分を売りこむ看板にすぎない。

 

 

 

 

治療と研究をおこなう病院を、長い髪の「少女」が訪れる。

彼女のうつくしい顔だけは認識できる。

 

 

 

 

こちらは少女の視点からみた少年の姿。

彼女も同病だった。

 

 

 

 

これほど鮮やかなボーイミーツガールは稀だろう。

思春期の恋愛感情にありがちな視野狭窄が、戯画的に強調されている。

 

 

 

 

少年は少女とおなじ、より高度な研究機関へうつる。

この百面相は、顔認識をテストするための当てっこゲーム。

僕は「蔑(さげすみ)」が好きだけど、どれもかわいい。

西尾の原作独特の遊戯性を、暁月はうまく料理している。

 

 

 

 

「キャラ」が持て囃される現代文化の一翼をになう作者たちは、

あらたに「そもそも個性とはなにか」とゆうテーマを提示。

主人公・ヒロイン・モブキャラなどのお約束を当然視する読者をからかう。

やたらエスカレーターの長いこの施設はNERV本部に似てるとか、

ツッコむのがバカらしくなるくらい読者を翻弄する。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03