ばったん『にじいろコンプレックス』

 

 

にじいろコンプレックス

 

作者:ばったん

掲載誌:『ヤングマガジンサード』(講談社)2015年-

単行本:ヤンマガKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

「JK×下着」がテーマのオムニバスだ。

おそらく女子高生は皆なんらかの下着をつけてるから、

色も形もバラエティゆたかな物語を期待できる。

 

 

 

 

1話の「新妻さやか」は、両親の離婚で田舎へ引っ越してきた。

金髪で見るからに洗練されてて、同級生から羨望されつつも敬遠される。

 

 

 

 

そんなさやかに対し、空気読めない系女子「窪田ちなつ」が、

天使だなんだと言ってつきまとい、環境のちがいをこえた友情をはぐくむ。

 

昔はヤンマガ本誌にもこういった読み切りがいくつかあって、

ヤンキー漫画やエロ漫画、車漫画と共に

バランスが取れてたように感じるんですよね…。

最近じゃ特に安全牌、ある程度実績を残した作家しか

本誌に載せてないような気がします。

長い付き合いの中、情が出て切りにくくなったのかもしれませんが、

それじゃイカンでしょ…。

成り上がりをモットーとした雑誌なら常に下克上を生み出さないと…。

 

駄埼玉MK-Ⅱ氏のレビュー

 

掲載誌は『ヤングマガジンサード』で、有り体に言えば3軍あつかい。

大手出版社はベテランの雇用を維持する一方、中途半端にルーキーも囲おうとする。

その結果、座組に時代が反映されない。

 

 

 

 

がっちりした体つき、強めの表情。

描くべきところは描きこむ、メリハリのきいた絵柄だ。

 

 

 

 

3話の「秋庭つかさ」の、見知らぬ男とゆきずりで一線こえたあとの、

オタク友達との会話のズレっぷりなどに、現代的感性をみてとれる。

 

 

 

 

6話の「武田八重」は、惚れた男のパンツを盗んで穿いている。

結末は、かなしくも共感できるもの。

 

上掲のレビューは、松本剛などが載ってたころのヤンマガ本誌と比較しているのだろう。

たしかにばったんの作品はそれらに劣らない。

「そんなに新人の新鮮な新境地をみたけりゃコミティアでもいけば?

ウチは商売でやってるんで」とゆう、リスク回避姿勢の強い業界に順応しつつ抗う。

 

 

 

 

5話の「シキシマ」がスカートの下に隠していたのは、レッグカットの跡。

下剋上なき時代に、静かなレジスタンスが進行中だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03