樋口陽一/小林節『「憲法改正」の真実』

『甲鉄城のカバネリ』(テレビアニメ/2016年)

 

 

「憲法改正」の真実

 

著者:樋口陽一 小林節

発行:集英社 2016年

レーベル:集英社新書

[特設サイトはこちら

 

 

 

2009年の衆議院選挙で、自由民主党は弱体化した。

勉強熱心な叩き上げの議員が落選し、世襲議員ばかりが残った。

舛添要一などは見切りをつけて離党した。

 

自民党の法務族は世襲議員が多い。

憲法なんて利権が絡まないから、強い地盤をもつ連中の趣味でやっている。

三世四世議員は、旧体制の支配層の子孫だ。

たとえば安倍晋三の祖父・岸信介は、ファシズム期の文官の最高責任者。

ゆえに彼らはファシズム期の10年を憧憬し、戦後を否定する。

私怨にもとづいてるから本気だ。

日本国憲法への憎悪が、彼らのアイデンティティなのだ。

 

 

 

 

学校教育では明治憲法を批判し、日本国憲法を賞讃する。

しかしその評価はバランスを缺いていると、樋口陽一はのべる。

 

明治憲法は、19世紀後半の基準でみれば立派だった。

「ビリケンさん」にまつわるトリビア(p37)、「神聖」とゆう文言の意味(p59)、

民衆の憲法運動(p75)、伊藤博文の議論(p83)などの例を挙げ、

上から下まで一丸となり近代国家建設にとりくんだ努力を、本書はおしえる。

 

つまりファシズム期の10年が異常なだけ。

 

 

 

 

憲法テロリストは法と道徳を区別できないので、

改憲草案で「家族を尊重せよ」などと謳い上げる。

これでは一人暮らしや離婚の自由がなくなる。

すくなくとも憲法で保證されなくなる。

なにしろ草案では「個人」の概念が消滅してるのだ!

 

「伝統」や「和」といったタワゴトは、明治憲法に出てこない。

似たものを探すなら、ナチスに従属したフランスのヴィシー政権だ。

 

 

 

 

大日本帝国は滅亡したが、上の方はほとんど入れ替わってない。

安倍晋三がその證明である。

学校教育で立憲主義を教えないのも、ファシズム期の名残りだ。

 

ではなぜ、財界などから憲法テロへの批判がおきないのか。

 

小林:新自由主義によって人々が分断され、

安定した社会基盤が壊されていくなかで、

スローガンとしては愛国だの、家族だの、

美しい国土だのを謳いあげて、社会の綻びを隠そうということですね。

 

憲法テロリストは無知だが、無知を装ってる側面もある。

全身全霊で叩き潰さねば日本は終わりだ。






関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03