はんざわかおり『こみっくがーるず』2巻

 

 

こみっくがーるず

 

作者:はんざわかおり

掲載誌:『まんがタイムきららMAX』(芳文社)2014年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/1巻の記事

 

 

 

商業誌でデビューずみのJK漫画家たちが、

寮生活をおくりながらドタバタ切磋琢磨する4コマ。

ただひとり、主人公のかおす先生だけ成長してないけど。

 

 

 

 

つーちゃんが授業中に絵を描いてたら、虹野先生に見咎められる。

マジメで厳しい先生のはずだが、様子がおかしい。

 

 

 

 

虹野先生は、つーちゃんの『暗黒勇者』の熱狂的ファンだった。

まさか教え子が描いていたと知らず、平伏してこれまでの非礼を詫びる。

 

 

 

 

るっきーは作画にデジタル環境を導入。

普段はお姉さん的存在なのに、ひどい機械音痴で周囲の手を煩わせる。

「デジタルな座り心地だわ!」は、おもわず吹き出す名台詞だ。

 

 

 

 

スタイラスをインクにつけたり、モニターを直に拭いて修正しようとしたり……。

花見・夏祭り・運動会・クリスマスなど定番の年中行事ネタはすくなめで、

「日常もの」より「お仕事4コマ」に近いのが、きらら系としては異色だ。

 

 

 

 

精一杯おしゃれしてサイン会に参加。

自分は経験ないのに、背伸びして読者の恋愛相談にも応じる。

女子のかわいさを堪能できる点は、やはりきらら。

 

 

 

 

巻末では、かおす先生の母親が登場。

娘を天才と思い込む親馬鹿っぷりを披露する。

実際は没ネーム地獄なのに。

 

でも、感動する。

単行本1冊分だと変わってないが、人生とゆうスパンでみると成長してる。

登場人物が生きてると感じさせる、理想の4コマ漫画だ。






関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ  きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03