『甲鉄城のカバネリ』のヒロイン無名さん

 

 

甲鉄城のカバネリ

 

出演:畠中祐 千本木彩花 内田真礼 増田俊樹

監督:荒木哲郎

助監督 :田中洋之

シリーズ構成:大河内一楼

キャラクター原案:美樹本晴彦

アニメーションキャラクターデザイン:江原康之

アニメーション制作:WIT STUDIO

放送:2016年4月8日-

 

 

時代劇とスチームパンクとゾンビものを混ぜた世界観がとりとめなく、

僕としては現時点で作品そのものに対する意見はないが、

ヒロインの無名さんがかわいいので語らずにいられない。

美樹本晴彦の筆触まで再現していて舌を巻く。

 

 

 

 

敵である「カバネ」は言わば頑丈なゾンビで、普通の銃では斃せない。

それでも無名さんは先頭に立ち、突破口をひらく。

 

 

 

 

カバネ相手に情けは無用。

ためらえば自分たちがカバネになるだけ。

でもそれにしてもクールな闘いぶりにしびれる。

 

 

 

 

環境を利用して三次元的に飛び回る。

ミニスカートや、腋がみえるボレロ風の上着がいい。

 

 

 

 

「ふわあぁ~」

暴れすぎたせいか眠気をもよおす。

驚異的な戦闘能力は激しい消耗をもたらすらしい。

 

 

 

 

まだ味方はピンチなのに一眠り。

全体的に登場人物がバカっぽいアニメなのだが、

無名さんだけが数歩先を走っていて、ますます印象ぶかい。

 

美樹本さんの絵は、魅力的であるだけでなく、

時代の変化にも耐えて生き残ってきたものですから。

ヒロインに重点を置くことは初期段階から決まっていたので、

魅力的な少女が描けて、しかもリアルな世界観をベースに持ち

普遍的である、となると美樹本さんしか思い浮かびませんでした。

 

荒木哲郎監督のインタビュー

 

 

 

 

演じる千本木彩花は20歳でほぼ新人だが、

『帰宅部活動記録』の九重クレア役でアニメファンに知られる。

おっとりした財閥令嬢なのに、怒るとスナイパーを呼んで処理する怖さ……。

 

『カバネリ』は古今東西さまざまな要素のごった煮で、

そのすべてがヒロインの無名さんに集約されている。






関連記事

テーマ : 甲鉄城のカバネリ
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03