高津ケイタ『おしかけツインテール』

 

 

おしかけツインテール

 

作者:高津ケイタ

掲載誌:『まんがタイムファミリー』(芳文社)2014年-

単行本:まんがタイムコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

先月末に出た単行本だが、ツインテールがおしかけるだけの話だし、

水瀬るるう『大家さんは思春期!』に似すぎとも思い、ひと月寝かせていた。

 

そのうち、『大家さん』との相違をたのしめる様になった。

高津ケイタは10年以上のキャリアがあるが、商業誌で4コマを描くのは初めて。

コマを大きく隙間を小さくし、いわゆる「ストーリー漫画」の要領をもちこんだ。

2コマめから3コマめへのコマ間ワープとか新鮮。

若干パースまでついている。

 

 

 

 

小柄でツインテのヒロイン「朝比奈花梨」は、家事が得意。

主人公の家に居候をはじめたその日から、家政をとりしきる。

『けいおん!』のあずにゃんを『大家さん』に移植したと言えばわかりやすいか。

 

冷蔵庫の中身を一瞬で把握するさまは、まさに達人。

3コマめでドアの隙間のかすかな光をえがくなど、描写が細かい。

 

 

 

 

商店街で買い物するときは、値切りに執念をもやす。

格闘家みたいに危険なオーラを放っている。

 

 

 

 

「ネコの手」ネタも、『大家さん』とカブっている。

ただし猫耳の似合いっぷりは、あずにゃんペロペロ級の破壊力。

 

 

 

 

JKなのにおばあちゃんっぽい花梨は、さほど表情が豊かではない。

それを補う様に、猫耳にくわえて尻尾でも、女の子らしい素直さをあらわす。

 

 

 

 

優等生発言とは裏腹に、体がアイスクリームを宣伝するのぼりに反応し、

ぴょこっとシルエットが変化する、さりげないオチのつけ方もうまい。

 

 

 

 

こちらのぶち抜きでは、あえて枠をのこし、コマ間に花梨を重ねる。

読者は会話のリズムを意識しつつ、花梨の後ろ姿を愛でる。

さらに左腕と左脚が、逆Z字状に視線誘導。

女体を見せてナンボの成人漫画でつちかった技量だろうか。

 

『おしかけツインテール』、あなどれない漫画だ。






関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03