『ボーダーライン』

 

 

ボーダーライン

 

出演:エミリー・ブラント ベニシオ・デル・トロ ジョシュ・ブローリン

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

脚本:テイラー・シェリダン

制作:アメリカ 2015年

[公式サイトはこちら

 

 

 

 

エミリー・ブラント扮するFBI捜査官が、アメリカ・メキシコ国境を行き来しながら、

麻薬戦争の混沌にのみこまれてゆくアクション映画である。

 

 

 

 

麻薬カルテルの大物を移送するため、メキシコ北部のフアレスへむかう。

埃っぽい風景が、この国の不穏さを象徴している。

 

 

 

 

作戦を仕切るのは、国防総省職員に偽装したCIAエージェント。

戦力の主体は陸軍特殊部隊デルタフォースだが、

法的問題をクリアするためFBIや連邦保安官も動員。

 

 

 

 

一番危険で信用できないのが、メキシコの警察当局。

クソみたいに腐敗しており、誰かがカルテルに通じてるのは間違いない。

 

 

 

 

渋滞した高速道路で襲撃をうけたが、情け容赦なく撃退。

撃たれる前に撃つ。

交戦規則など知ったことか。

国境地帯は戦場なのだから。

 

 

 

 

国家が存在する以上、その境目も存在する。

ゆえに国境を利用した犯罪も生まれる。

輪郭線をなぞることで、病んだ大国アメリカの肖像を浮かび上がらせる。

 

大作感はさほどないが、エッジの鋭さにおいて、

ドン・ウィンズロウの小説『犬の力』を超えたと言えるだろう。

ベニシオ・デル・トロとか、セクシーな雰囲気だけが売りの俳優と思ってたが、

寡黙なたたずまいの背後の闇の深さまで表現していて痺れる。

 

 

 

 

エミリー・ブラントもまた然りである。

細腕の婦警さん一人の力で、この戦争を終わらせられるはずがない。

将来的に終わりがあるかさえ疑わしい。

それでも彼女は銃を取り、苦悩しつづける。




関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03