くみちょう『鉄拳少女うらみちゃん』

 

 

鉄拳少女うらみちゃん

 

作者:くみちょう

掲載誌:『ヤングエース』(KADOKAWA)2015年-

単行本:角川コミックス・エース

ためし読み/『B.B.GIRLS』1巻/2巻/『愛羅武勇より愛してる』

 

 

 

舞台は瀬戸内海のちいさな島。

主人公「三浦みみ」が見下ろす海岸には、巨大怪獣の死骸が。

この島では、3年にわたりエイリアンとの戦いが続いていた。

 

のどかなのに奇怪な風景描写が冴えている。

あとがきによると「第二の故郷」淡路島をモデルにしたとか。

 

 

 

 

エイリアンを迎え撃つのは、コスモナイトの「コズミッキュ」。

世界中の注目をあつめる美少女ヒーローだが、

みみが直接話してみたら、その性格の悪さに幻滅する。

ただの目立ちたがり屋で、島民のことなどまったく考えてない。

 

 

 

 

みみの片思いの相手は、コズミッキュに憧れている。

そんな嫉妬心も引き金になって、ついにみみはキレた。

地元企業が開発したマシンで空を飛び、

油断していたコズミッキュを一撃でノックアウト。

 

 

 

 

本作は魔法少女ブームを逆手に取った、コメディ調のバトルもの。

大活躍の翌朝の新聞一面に、みみのパンチラ写真が。

よりによって一番ダサいパンツを穿いてるときに撮られた。

 

なにかにつけてギャグをはさみこみ、

押したり引いたりしながら、話を転がすのがくみちょう節。

 

 

 

 

小須美島の住民は国から手当を支給されてるため、島から避難しない。

ぬるま湯に浸かりながら、戦争を許容する。

ガルパン的でもあるし、ポスト3.11的でもある。

 

一方で、コズミッキュを支援する大企業に対抗し、

独自の技術でエイリアンとコズミッキュに挑戦する者もいる。

つまりグローバル経済についての風刺でもある。

 

正直、テーマがちょっと複雑すぎる印象がなくもない。

 

 

 

 

しかし、くみちょう先生は読者を裏切らない。

「うらみちゃん」を名乗り島の救世主として奮闘するかたわら、

片思いの相手の前でみせる純情っぷりとか、いじらしい。

 

 

 

 

ルックスがよくて金があるからって調子に乗ってるKY女に、

しょぼいマシンで、だれも望んでない無謀なケンカをしかける。

 

かわいくて、笑えて、しみじみさせて、でもやっぱり燃える。

いま熱血漫画を描かせたら、くみちょう先生に優る作家はいないはず。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: くみちょう 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03